巻頭言2014年11月

掲載日 2014年10月27日 月曜日   •   巻頭言2014年11月 はコメントを受け付けていません。   

カトリック藤が丘教会へようこそ

Welcome to Fujigaoka Catholic Church!

                         2014年11月カトリック藤が丘教会

「神の支配の到来」を人々に告げるとき、イエスは「愛すること」と同時に「ゆるすこと」を強く訴えています。「神のゆるし」については、イエスが語ったいわゆる「放蕩息子のたとえ話」が有名です(『ルカによる福音書』15章11節~)。次のようなストーリーです。

ある金持ちに二人の息子がいました。弟の方は、父親からもらった相続分を金に換えて旅立ち、放蕩の限りを尽くして、すべてを失ってしまいました。弟は困窮の果てに我に返り、父親に謝罪してその使用人として雇ってもらおうとします。彼は「お父さん、わたしは天に対しても、またお父さんに対しても罪を犯しました。もう息子と呼ばれる資格はありません」と言います。ところが、父親は息子に走り寄って抱擁し、きれいに身づくろいをさせたうえで、肥えた子牛を屠って弟のために歓迎パーティーを催したのです。

たとえ話のこの部分でイエスは、人間をゆるす神の姿を伝えています。しかし、ここで気をつけなければならないのは、「ゆるし」の前提に、弟の心からの悔い改めがあるということです。父は弟のことを慈しみ、ずっと心配していたのに、弟は父に背を向け、身勝手に振る舞い続けました。その思いと行動が「罪」なのです。イエスは父親と弟との関係を、父なる神と人間の関係にたとえて語っています。つまり、父なる神は人間をずっと慈しみ、心配しているのに、人間は感謝を忘れて、どうしても自己中心な生き方をしてしまいます。そういう「罪」を心から悔い改めることが「回心」です。そして「回心」した人びとを、神様は両手を広げて受け入れてくださる、とイエスは教えさとすのです。

ところで、この譬話には兄の言動を扱った後半部分があり、それがまた重要なメッセージを含んでいます。これについては、次回考えましょう。

キリストの教会は、社会に対して開かれた共同体です。より多くの方々が、わたしたちのカトリック藤が丘教会の門を叩かれることを、お待ちしています。興味を持たれた方は、ぜひ日曜日のミサを覗きにいらしてください。

 

ミサのご案内
Mass Everyday

主日のミサ 土曜日 Sat 17:00
日曜日 Sun 9:30

平日ミサの日時につきましては教会事務所までお問い合わせ下さい。

 

所在地
Address
東急田園都市線「藤が丘」駅下車、徒歩約7分 横浜市青葉区柿の木台1-2
<お問合せ> 教会事務所 (045)973-4100 FAX(045)979-0506