よき便り 2016年6月

掲載日 2016年5月31日 火曜日   •   no comments   

カトリック藤が丘教会へようこそ

Welcome to Fujigaoka Catholic Church!      

2016年6月カトリック藤が丘教会

 

よき便り(2016年6月)

宮型霊柩車、ウランバートルを走る

 民放テレビの最近のある報道番組で、高級な宮型霊柩車が中古自動車販売店で、一台わずか10万円で売り出されているという話題が取り上げられました。あの御神輿のようなものを載せた霊柩車は最近ほとんど使われなくなったので、お払い箱になってしまったのです。

 

 これに目を付けたのが、かつて日本の角界で技巧派力士として活躍し、現在はモンゴルで政治家として活躍している旭鷲山関です。かれはその情報を得て、モンゴルのお坊さんたちに宮型霊柩車を輸入することを勧めましたが、これが大成功しました。モンゴルの人たちはそのカッコよさを賞賛し、チベット仏教の坊さんたちは、これが人々の信仰心を高揚させるのに役立つと言って大喜び。かくて、モンゴルの首都ウランバートルでは多数の宮型霊柩車が走り回っているのだそうです。

 

 ところで、日本ではなぜ宮型霊柩車が使われなくなったのでしょうか。報道によれば、それは「宮型霊柩車が『死』を連想させる」といって火葬場周辺の住民の自治会が火葬場に廃止の陳情を行なう、という動きが全国的に広まったからなのです。住民パワーによって、宮型霊柩車は日本ではお払い箱にされたのです。

 

 しかし「死を連想させるから排斥する」というのは、如何なものでしょうか。人は皆、死ぬのです。この厳然たる事実から目を背けてはなりません。また、よほど幼い人でない限り、人の死に立ち会ったことのない人はいないはずです。亡くなった方が、両親、祖父母、友人、先輩、先生など、自分にとっと大切な人だった場合、私たちは必ず亡くなった方の生前の様子や言葉を思い起こし、その方々の死後の安らぎを願うことでしょう。亡くなった方が見知らぬ人であった場合でも、私たちは死者への敬意を忘れるべきではありません。私たちは「死」が自分たちにとって意味することを深く考え、私たちなりその意味を理解するべきです。そうして初めて、私たちの「生」が意味づけられ、私たちは生き生きと生きることができるのではないでしょうか。

 

 人間にとっての不条理である「死」を「生」との関連で意味づけ、人生の目的とより良い生き方、そして「死を超える希望」を教えるのが、宗教本来の意義です。そしてキリスト教は、神の子であるイエス・キリストの「死」と「復活」をとおして、キリストを信じる者たちに「死を超える永遠の命」が神から与えられるようになった、と教えます。キリスト信者は、こうして「救いの希望」を抱き、キリストが説いた「愛の教え」に導かれながら「聖なる生」を実践し、肉体的な「死」を乗り越えて行くことができるのです。

 

    キリストの教会は、社会に対して開かれた共同体です。より多くの方がたが、私たちのカトリック藤が丘教会の門を叩かれることを、お待ちしています。興味を抱かれた方は、ぜひ日曜日のミサを覗きにいらして下さい。

 

過去の巻頭言・よき便り一覧はコチラから閲覧できます.

ミサのご案内 Mass Everyday

主日のミサ 土曜日 Sat 17:00
日曜日 Sun 9:30

平日ミサの日時につきましては教会事務所までお問い合わせ下さい。

所在地 Address 東急田園都市線「藤が丘」駅下車、徒歩約7分 横浜市青葉区柿の木台1-2

<お問合せ> 教会事務所 (045)973-4100 FAX(045)979-0506

お問い合わせ・ご質問は、教会事務所までご連絡ください

火曜日~金曜日   午前10時~午後4時

土曜日       午前10時~午後17時30分

日曜日       午前10時~午後1時

※都合により、事務所スタッフが不在の場合もございます。あらかじめご了承