よき便り 2016年9月

掲載日 2016年8月30日 火曜日   •   no comments   

カトリック藤が丘教会へようこそ

Welcome to Fujigaoka Catholic Church!       

                                                                                                    2016年9月カトリック藤が丘教会

 

よき便り(2016年9月)

「良きサマリア人」の喩えと現代

 『暮らしの手帳』を創刊した大橋鎭子の生涯を描いたNHKのドラマ「とと姉ちゃん」が好評を博しています。このドラマの中盤のポイントは、主人公の小橋常子が、「三顧の礼」をもって、編集者としての卓越した才能を持つ花山の協力を得ることに、ついに成功するところでした。

 

 花山は戦時中、戦時標語の採用に関わり、政府の戦意高揚政策に協力してきたのですが、敗戦によって自分の行動が誤りであったことに気付いて、ペンを執ることを自粛していました。しかし、人びとが戦後の極端に苦しい生活の中で格闘している姿を見て、「毎日の暮らし」が何よりも大切だという認識に達します。そして、苦しんでいる女性の暮らしを改善するための雑誌を発行したいという常子の夢をかなえる手助けをするのです。長い戦争の窮乏生活を耐えてきた人々にとって、平和な時代の「毎日の暮らし」が衣食住の不自由のないものになることは、とても大事なことだったのです。

 

 戦後71年の現在、先進諸国の多くの人びとは豊かな生活を享受しています。しかし、世界の各地には、いまだに飢えに苦しみ、住居さえ奪われた人びとが非常に多くいるのです。また先進国の中でも貧富の格差が広がりつつあります。戦争に巻き込まれ、弾圧や抑圧を受け、さらには差別され、幸せな生活を送る希望を失った人々の中には、テロリズムに走る人も出てきます。

 

 貧しい国々を豊かにすることや、国内の経済格差を少なくすることは、何よりも国際政治や国内の経済政策の問題でしょう。また、国際的、国内的なセーフティー・ネットを構築するためには、国連や各国の政府やさまざまなボランティア団体がお金や知恵や労力を出し合っています。しかし今最も必要なのは、わたしたち一人ひとりの意識の変革です。ここで思い出されるのはイエスが語った「良きサマリア人」の喩え話(ルカによる福音書、10:25~37)です。

 

 あるユダヤ人が、道中で追いはぎに遭い、瀕死の状態で放置されていました。そこに通りかかったサマリア人は、ユダヤ人が敵対する民族であるにもかかわらず、この怪我人の手当てをして宿屋に連れて行って介抱し、宿屋の主人にその療養中の宿泊費まで差し出したのです。イエスは聴衆に対して、このように、苦難の中にある人々への愛の奉仕を行なうべきことを説いたのです。まことに難しいことですが、わたしたちも、そのような「隣人愛」の気持ちを忘れず、何時でも必要な時にその実践が行えるようにしたいものです。

 

 キリストの教会は社会に対して開かれた共同体です。より多くの人びとが、わたしたちのカトリック藤が丘教会の扉を叩かれることをお持ちします。興味をお持ちの方は、ぜひ日曜日のミサを覗きにいらしてください。お待ちしています。

 

過去の巻頭言・よき便り一覧はコチラから閲覧できます.

ミサのご案内 Mass Everyday

主日のミサ 土曜日 Sat 17:00
日曜日 Sun 9:30

平日ミサの日時につきましては教会事務所までお問い合わせ下さい。

所在地 Address 東急田園都市線「藤が丘」駅下車、徒歩約7分 横浜市青葉区柿の木台1-2

<お問合せ> 教会事務所 (045)973-4100 FAX(045)979-0506

お問い合わせ・ご質問は、教会事務所までご連絡ください

火曜日~金曜日   午前10時~午後4時

土曜日       午前10時~午後17時30分

日曜日       午前10時~午後1時

※都合により、事務所スタッフが不在の場合もございます。あらかじめご了承