よき便り 2017年2月

掲載日 2017年1月29日 日曜日   •   no comments   

カトリック藤が丘教会へようこそ

Welcome to Fujigaoka Catholic Church!       

                                                                                                    2017年2月カトリック藤が丘教会

よき便り

カトリック教会の聖人 殉教者 聖バレンタイン

(注:日本語の聖人伝、かつてのカトリックカレンダーなどでは、「聖ヴァレンテイーノ」となっていますが、ここでは「聖バレンタイン」とします。)

 

2月14日は、バレンタイン・デー、女性が男性にチョコレートを贈る日 - 年々盛んになるそのような習慣が日本に根付いたのは、1970年代と言われています。

 

バレンタインは、カトリック教会の聖人で殉教者でもあります。

バレンタインは、ローマの有力な司祭で、ローマ帝国の皇帝クラウデイウスII世の迫害により、ローマ郊外2キロのフラミニア街道のある地点で「三段階の刑」、すなわち、まずむち打ち、次いで石打ち、そして最後に斬首の刑により2月14日に殉教した、と伝えられております。(フラミニア街道はローマ帝国時代には、ローマからアペニン山脈を通ってアドリア海のリミニをつなぐ重要な街道でした。)クラウデイウスII世の治世は短く、殉教の日は2月14日でした。バレンタインについては、当時の詳しい資料や文献がほとんど残っていないですが、聖者とみなされたバレンタインへの崇敬は、350年頃からローマで始まったとされ、その歴史は1700年近くにも及びます。

 

その後、聖バレンタインは「清らかの愛で結ばれている人たち、愛し合う人たちの守護聖人」と指定され、現在に至っています。なぜそうなったか、ということについては、諸説あります。一番有力なのは、迫害時に投獄されていたキリスト教徒のカップルを皇帝の命令に逆らってでも結婚させたこと、あるいは処刑を待つ身であった若い女性キリスト教徒に、婚約者に代わって「あなたのバレンタインから」とした花束を届けたこと、という伝説です。イングランドにおいては小鳥が、つがいで飛びたつのは、この日あたりからという言い伝えがあることから、「愛し合う人たちの」の守護聖人になった、とも言われています。このことは、イギリスの14世紀の詩人、チョウサーも作品の中で触れています。

 

そのため聖バレンタインの日を「愛し合う人たち」の祝日として祝う習慣は、中世のイギリス(それもイングランド)で始まったとされています。それがアメリカに広まり、20世紀に入ってから、ヨーロッパに戻って来て更に各地に広がりました。

 

日本では、チョコレートを女性が男性に贈るという習慣になっていますが、ほとんどの国では、男性が女性にプレゼントするというのが通例です。

イギリスでは、男性が思いを寄せる女性宛に、サインをしない、あるいは聖バレンタインの花束にまつわる伝説にちなんで「あなたのバレンタインから」と書かれたカードを送る慣わしが最近まであったそうです。しかし今世紀に入ってから、E-メールやブログなどの普及でこのような慣習は、薄れつつあります。

フランスやフランスの海外領土などでは、バレンタインのグリーテイング切手が発行されています。

 

一番スタンダードな祝い方は、男性が女性に赤いバラの花束を贈るというものです。赤いバラの赤は、神への愛に燃える血潮、殉教に奉げた血潮をあらわし、全世界で慕われる「愛し合う人たちの守護聖人」殉教者聖バレンタインの祝日にふさわしい贈り物と言えましょう。

 

このように現代において世界各地で、教会の典礼外でこれほど広く慕われる聖人も多くはありません。あまりの人気に厳格なイスラム国であるサウデイ・アラビアでは、「異教の浸食」に危機感を感じ、2009年にバレンタイン・デーを祝うことを禁じる政令を発布し、違反者は厳罰に処せられることになるほどです。

 

カトリック教会においては、1969年までは、毎年2月14日には、ミサの中で聖バレンタインに対する祈りが唱えられてきました。しかし、この年に聖人の見直しが行われ、史実上存在が確実とされない聖人については、ミサ中の祈願が廃止されることになりました。現在では、聖バレンタインの遺骸を保持すると主張する教会が七つあり、さらに聖バレンタインに献堂されている教会、聖バレンタインへの信心が特に強い地方、などを除いて、2月14日に聖バレンタインに祈りを捧げることはありません。しかし世間がバレンタイン・デーをチョコレートで賑やかに祝う中、カトリック信徒は、静かに殉教者と神への愛に思いを馳せ、より多くの人たちが、清らかな愛に結ばれようとするカップルのために、聖バレンタインのお取次ぎにより幸せとなるよう祈りたいものです。

 

キリストの教会は社会に開かれた共同体です。より多くの人びとが、わたしたちのカトリック藤が丘教会の扉をたたかれることを、お待ちしております。興味を持たれた方は、ぜひ日曜日のミサにいらして下さい。

 

過去の巻頭言・よき便り一覧はコチラから閲覧できます.

ミサのご案内 Mass Everyday

主日のミサ 土曜日 Sat 17:00
日曜日 Sun 9:30

平日ミサの日時につきましては教会事務所までお問い合わせ下さい。

所在地 Address 東急田園都市線「藤が丘」駅下車、徒歩約7分 横浜市青葉区柿の木台1-2

<お問合せ> 教会事務所 (045)973-4100 FAX(045)979-0506

お問い合わせ・ご質問は、教会事務所までご連絡ください

火曜日~金曜日   午前10時~午後4時

土曜日       午前10時~午後17時30分

日曜日       午前10時~午後1時

※都合により、事務所スタッフが不在の場合もございます。あらかじめご了承