よき便り 2017年6月

掲載日 2017年5月28日 日曜日   •   no comments   

カトリック藤が丘教会へようこそ

Welcome to Fujigaoka Catholic Church!       

       

2017年6月カトリック藤が丘教会 

よき便り

三位一体の主に聖霊のはたらきを願う

 

今年の聖霊降臨の主日は6月第1週となりました。そしてその翌週は三位一体の主日となります。わたしたちが祈る時、「父と子と聖霊の御名によって」と、十字を切って祈り始めます。あまりにも日常の動作になってしまって、三位一体ということはあまり意識していないかもしれません。

 

わたしたちは、「神様」「イエス様」に対して、聖霊のはたらきを願い求めます。それでは、精霊とは、はたしてどのような方なのでしょうか。

聖霊について、聖書では多くを語りません。預言者を通して語られる父である神、その御子であるイエス・キリストを通して語られる思いと言葉は、聖書全体にわたって綴られています。しかし、聖霊とそのはたらきについては、受難に向かうイエス様、復活後に弟子たちに現れた部分に、父から送られてくる〝霊〟〝弁護者〟としてしか書かれていないのです。

 

それでもなお、わたしたちは「父と子と聖霊の御名によって」と三位一体の主に、聖霊のはたらきを願い求めます。パウロはコリントの教会の信徒に向けた手紙の中で父と子と聖霊の神のお姿、すなわち三位一体について触れています。

 

『聖霊によらなければ、だれも「イエスは主である」とは言えないのです。賜物にはいろいろありますが、それをお与えになるのは同じ霊です。務めにはいろいろありますが、それをお与えになるのは同じ主です。 働きにはいろいろありますが、すべての場合にすべてのことをなさるのは、同じ神です。』(使徒パウロのコリントの教会への手紙I 12・3b-6)

 

わたしたち一人ひとり、それぞれの立場で、それぞれの賜物──それぞれの個性に応じて、それぞれの務めができるようにと、常に招かれています。不安に思うわたしたちに、主であるイエス・キリストは力強く励ましてくださいます。

 

「あなたがたが出かけて行って実を結び、その実が残るようにと、また、わたしの名によって父に願うものは何でも与えられるようにと、わたしがあなたがたを任命したのである。」(ヨハネによる福音書15・16b)

 

父である神様の思いと、 父のひとり子である主イエス・キリストが語られる言葉、そして聖霊の働きによる行いが、わたしたち一人ひとりのうちに豊かにありますよう祈っていきたいと思います。

キリストの教会は社会に開かれた共同体です。より多くの人々がわたしたちのカトリック藤が丘教会の扉をたたかれることをお待ちしております。興味を持たれた方は是非日曜日のミサにいらして下さい。

過去の巻頭言・よき便り一覧はコチラから閲覧できます.

ミサのご案内 Mass Everyday

主日のミサ 土曜日 Sat 17:00
日曜日 Sun 9:30

平日ミサの日時につきましては教会事務所までお問い合わせ下さい。

所在地 Address 東急田園都市線「藤が丘」駅下車、徒歩約7分 横浜市青葉区柿の木台1-2

<お問合せ> 教会事務所 (045)973-4100 FAX(045)979-0506

お問い合わせ・ご質問は、教会事務所までご連絡ください

火曜日~金曜日   午前10時~午後4時

土曜日       午前10時~午後17時30分

日曜日       午前10時~午後1時

※都合により、事務所スタッフが不在の場合もございます。あらかじめご了承ください