よき便り 2017年9月

掲載日 2017年8月30日 水曜日   •   no comments   

 

カトリック藤が丘教会へようこそ

Welcome to Fujigaoka Catholic Church!          

2017年9月カトリック藤が丘教会 

よき便り

 

主のいつくしみに感謝して歩む

 

今年の9月後半の福音朗読では、主のいつくしみについて考えさせられる2つのたとえが語られます。ひとつは借金をしている家来のたとえ、もうひとつはぶどう園で働く労働者のたとえです。

 

借金をしている家来のたとえでは、多額の借金の返済を待ってくれと頼み込む家来を憐れんで帳消しにした主人と、その借金を帳消しにされた家来が仲間に借金返済を迫った挙句、牢に入れたという対比が語られます。そして、家来の行いを知った主人は、わたしと同じように憐れむべきではなかったかと諭し、帳消しにした借金を払い終えるまで牢役人に引き渡します。

 

わたしたちは一人ひとり、すべてを神さまからいただきながら生きています。それは大地からの恵みであったり、労働したことの実りであったり、あるいは大切な人との出会いであったりするかもしれません。そうした一つひとつの恵みを、神さまから無償でいただいているにもかかわらず、わたしたちはお互いに目を向けて助け合っているでしょうか。お互いに感謝のうちに過ごしているでしょうか。

 

さて、ぶどう園で働く労働者のたとえでは、朝早くから働く労働者にも、夕方近くなって雇われた労働者にも、ぶどう園の主から同じ賃金が支払われたと語られます。当時は時給制ではなく日給制であったようですが、いずれにしても私たちにとっては労働時間が異なるなら賃金も異なるように思えます。これは当時の人たちにとっても同じだったようで、朝から長時間働いてきた労働者は「主人に不平を言った」とあります。

 

しかし、始業時刻から終業時刻までが、その人の神さまと出会ってからの人生の長さを表すものであったらどうでしょうか。そして、労働の対価である賃金が、神さまからのいつくしみを表すものであったとしたらどうでしょうか。その人が神さまといつ出会ったか、その人の人生の長さはどうだったかということには関係なく、神さまは誰にも同じようにいつも同じいつくしみを注いでくださっているということではないでしょうか。

 

わたしたちに与えた数々の恵みに対する返済を迫ることなく、幼児であれ老人であれ、楽しい時にも苦しい時にも悲しい時にも、常に同じようにいつくしみを注いでくださる主に感謝しながら、歩み続けてまいりましょう。

 

キリストの教会は社会に開かれた共同体です。より多くの人々がわたしたちのカトリック藤が丘教会の扉をたたかれることをお待ちしております。興味を持たれた方は是非日曜日のミサにいらして下さい。

過去の巻頭言・よき便り一覧はコチラから閲覧できます.

ミサのご案内 Mass Everyday

主日のミサ 土曜日 Sat 17:00
日曜日 Sun 9:30

平日ミサの日時につきましては教会事務所までお問い合わせ下さい。

所在地 Address 東急田園都市線「藤が丘」駅下車、徒歩約7分 横浜市青葉区柿の木台1-2

<お問合せ> 教会事務所 (045)973-4100 FAX(045)979-0506

お問い合わせ・ご質問は、教会事務所までご連絡ください

火曜日~金曜日   午前10時~午後4時

土曜日       午前10時~午後17時30分

日曜日       午前10時~午後1時

※都合により、事務所スタッフが不在の場合もございます。あらかじめご了承ください