よき便り 2018年3月

掲載日 2018年2月28日 水曜日   •   no comments   

カトリック藤が丘教会へようこそ

Welcome to Fujigaoka Catholic Church!          

                            2018年3月カトリック藤が丘教会      

よき便り

神さまはわたしたちの罪も担ってともに歩む

 

今年の復活祭(イースター)は4月1日。そのため、3月最終週が聖週間となります。イエス・キリストのご復活を祝う復活祭は、カトリックの信仰にとって非常に大切で重要なものです。しかし、その復活の喜びを祝う前に、イエスの受難と死があったことを忘れてはなりません。

 

聖週間は、イエスのエルサレム入城に始まり、最後の晩さん、十字架上での受難を経て、受難から3日目の復活までの出来事を記念する1週間です。この受難と死を通して復活の栄光に至るまでを「主の過ぎ越し」と呼びます。復活祭は、救い主イエスの過ぎ越しの神秘を祝う時でもあります。

 

さて、毎年、 聖週間が始まる受難の主日のミサと、聖金曜日の主の受難の典礼の聖書朗読では、司祭、第1朗読者、第2朗読者、会衆がともに役割を分担して一緒に読まれます。聖金曜日は、毎年ヨハネによる福音書の受難の個所が読まれるのですが、 受難の主日については毎年変わり、今年はマルコによる福音書から読まれます。そのマルコによる福音書の15章から、群衆や兵士たちがイエスに浴びせた言葉を抜き出してみます。

 

「十字架につけろ。」

「ユダヤ人の王、万歳。」

「おやおや、神殿を打ち倒し、三日で建てる者。十字架から降りて自分を救ってみろ。」

「他人は救ったのに、自分は救えない。メシア、イスラエルの王、今すぐ十字架から降りるがいい。それを見たら、信じてやろう。」

 

なんと冷たい自分勝手な言葉の数々でしょうか。そうしたありとあらゆる罵声を浴びせられながらも、受難を迎えたイエスは、誰にも何も言い返すことはありませんでした。イエスは、群衆や兵士たちの自分勝手な思い、その吐き捨てる言葉、その醜い行いを、重い十字架とともに担いながら受難を迎えました。そして、十字架上でそうした「罪」とともに死に、3日目に復活することによって、わたしたちを罪という死から解放して、新たに生きるためのいのちへと導いてくださいました。

 

ところで、先の群衆や兵士たちの罵声は、イエスだったから起こったものでしょうか。2000年を経て時代が変わっても、わたしたちも自分の思いとは別に、まわりに流されて誰かに罵声をあげ続けてはいないでしょうか。わたしたち一人ひとりのこうした弱さやいたらなさも、ご復活されたイエスご自身が担って歩んでくださっています。助けを求めるすべての人に、安心して行きなさいと言ってくださる神さまに感謝しながら、毎日を過ごしてまいりましょう。

 

キリストの教会は社会に開かれた共同体です。より多くの人々がわたしたちのカトリック藤が丘教会の扉をたたかれることをお待ちしております。興味を持たれた方は是非日曜日のミサにいらして下さい。

                          過去の巻頭言・よき便り一覧はコチラから閲覧できます.

ミサのご案内 Mass Everyday

主日のミサ 土曜日 Sat 17:00
日曜日 Sun 9:30

平日ミサの日時につきましては教会事務所までお問い合わせ下さい。

所在地 Address 東急田園都市線「藤が丘」駅下車、徒歩約7分 横浜市青葉区柿の木台1-2

<お問合せ> 教会事務所 (045)973-4100 FAX(045)979-0506  

 お問い合わせ・ご質問は、教会事務所までご連絡ください

火曜日~金曜日   午前10時~午後4時

土曜日       午前10時~午後17時30分

日曜日       午前10時~午後1時

※都合により、事務所スタッフが不在の場合もございます。あらかじめご了承ください