よき便り 2018年4月

掲載日 2018年4月3日 火曜日   •   よき便り 2018年4月 はコメントを受け付けていません。   

カトリック藤が丘教会へようこそ

Welcome to Fujigaoka Catholic Church!          

                                                   2018年4月カトリック藤が丘教会      

よき便り

わたしたちのうちに平和があるように

 

主のご復活おめでとうございます。カトリックの典礼暦では、復活祭のあとしばらくの間、ご復活を祝う復活節が続いていきます。

 

復活節第2主日の福音書朗読では、ヨハネによる福音書の中から、ご復活されたイエスが弟子たちに現れた個所が読まれます。その個所では、12人の弟子のひとりであるトマスのとった行動が描かれています。

 

ご復活されたイエスが最初に現れた時に、そこにトマスはいなかったため、ほかの弟子たちの話を聞いただけではイエスのご復活を信じなかったと書かれています。トマスは、イエスが十字架につけられた時の傷、そして最後に槍で脇腹を刺し貫かれた時の傷を確かめなければ信じないとさえ言い張ります。8日後、再び弟子たちに現れたイエスは、トマスに傷跡を確かめた上で信じる者になりなさいと促します。イエスの傷跡を確かめたことでようやくご復活を信じるようになったトマスにイエスは、「わたしを見たから信じたのか。見ないのに信じる人は、幸いである。」(ヨハネによる福音書20・29)と語りかけます。

 

このイエスの言葉は、トマスに語りかけた言葉であるとともに、わたしたち一人ひとりにも語りかけられている言葉ではないでしょうか。私たちは誰もイエスを直接見た人はいません。イエスが聖書にあるように、パンやぶどう酒を増やしたり、病人を癒したりする不思議な技を目撃した人も、現代には誰もいません。そして、イエスの傷跡を確かめられる人もいません。

 

キリスト教がイエスの復活を体験した人だけが信じるものでしかなかったのならば、その信仰は時代を超えて現代に伝わることはなかったでしょう。イエスの行いや傷跡を見ていないにもかかわらず、イエスの復活と神さまからの豊かないつくしみと恵みを信じられるからこそ、今日のキリスト教の信仰が全世界に伝えられていったのではないでしょうか。

 

イエスは、「あなたがたに平和があるように」と言いながら弟子たちの前に現れました。この平和は、単に戦争がないということを意味しているのではありません。イエス・キリストの受難と死、そして復活を通して、それぞれの罪から解放されて神さまと和解し、神さまの豊かないつくしみのうちに歩んでいくことを指しています。

 

「あなたがたに平和があるように」と願われるイエスの言葉に励まされながら、神さまからの豊かな祝福を願い求めていきましょう。

 

キリストの教会は社会に開かれた共同体です。より多くの人々がわたしたちのカトリック藤が丘教会の扉をたたかれることをお待ちしております。興味を持たれた方は是非日曜日のミサにいらして下さい。

                    過去の巻頭言・よき便り一覧はコチラから閲覧できます.

ミサのご案内 Mass Everyday

主日のミサ 土曜日 Sat 17:00
日曜日 Sun 9:30

平日ミサの日時につきましては教会事務所までお問い合わせ下さい。

所在地 Address 東急田園都市線「藤が丘」駅下車、徒歩約7分 横浜市青葉区柿の木台1-2

<お問合せ> 教会事務所 (045)973-4100 FAX(045)979-0506

 お問い合わせ・ご質問は、教会事務所までご連絡ください

火曜日~金曜日   午前10時~午後4時

土曜日       午前10時~午後17時30分

日曜日       午前10時~午後1時

※都合により、事務所スタッフが不在の場合もございます。あらかじめご了承ください