巻頭言2020年5月

5月 1st, 2020   •   no comments   

 

 

カトリック藤が丘教会へようこそ

Welcome to Fujigaoka Catholic Church!

 

**************************************************

《新型コロナウイルス対策のお願いとお知らせ》

 

5月以降の予定について

 新型コロナウィルスの感染収束は、まだ先が見えません。この状況で通常どおりにミサを再開することはできません。

 藤が丘教会としては、当面以下のことを決定いたしました。

 

1.引き続き5月中はミサのために集まることを休止します。

   6月以降のミサについては、状況を見て決定し、

   あらためてお知らせします。

2.5月から7月までの講座および諸活動は休止とします。

3.4月26日から5月31日まで事務室業務は休止します。

   ただし、聖堂は10時から16時まで、今までどおり

   開いていますので、どうぞお立ち寄りください。

4.ご用のある方、また問い合わせなどはお気軽に細井神父の携帯にお電話ください。

 

 私たちは、困難と闘っている人たちのために祈りましょう。また、この辛い時期は大切なことに気づくチャンスでもあります。生活のありかたなどを謙虚に見直す機会にしたいと思います。祈りのうちに心をひとつにして、この状況を乗り切りましょう。

2020年4月26日

細井保路神父

**************************************************

 

2020年5月      

よき便り    

いつも共に歩んでくださる神さまとともに

 

復活祭が終わると、カトリックの典礼歴はしばらくの間、復活節となります。復活節の朗読は、残された弟子たちがご復活されたイエスと再び出会い、イエスが神さまのもとに帰り(主の昇天)、残された弟子たちに神さまの代弁者として聖霊がもたらされたこと(聖霊降臨)を通して、再び弟子たちが神さまとともに歩み始めたことを振り返ります。

普段の主日ミサでは、最初の聖書朗読は旧約聖書が読まれます。しかし復活節の期間は「使徒たちの宣教」と題した使徒言行録が読まれていきます。使徒言行録は、イエスの死と復活の過越を通して、神さまの恵みを伝えていく存在へと新たにされた弟子たちが、初代教会共同体をどのように作っていったかが読まれます。

福音書朗読では、ヨハネによる福音書から、イエスが最後の晩さんを終えてから弟子たちに話した教えの部分が読まれます。イエスは、弟子たちとすごした最後の晩さんの時には、ご自分が十字架に付けられて死に、復活した後に天の父である神さまのもとに帰る時が訪れたことを知っていました。そして、ご自分が神さまのもとに帰ることで、神さまの息吹であり、代弁者である聖霊を送り、神さまからの豊かな恵みがもたらされることを約束されました。

イエスは、今は弟子たちがこの約束を理解しないけれども、死と復活の過越を通して、再び出会うことで弟子たちが信じるようになり、そこから神さまの恵みを伝えて歩んでいくことも知っていました。だからこそ、イエスは弟子たちと過ごす最後の夜に、「神さまはいつもわたしたちとともに生きておられる」ということを伝えようされたのです。

 

「あなたがたがわたしを知っているなら、わたしの父をも知ることになる。今から、あなたがたは父を知る。いや、既に父を見ている。」(ヨハネによる福音書14・7)

「しばらくすると、世はわたしを見なくなるが、あなたがたはわたしを見る。わたしが生きているので、あなたがたも生きることになる。かの日には、わたしが父の内におり、あなたがたがわたしの内におり、わたしもあなたがたの内にいることが、あなたがたに分かる。」(同14・19)

 

イエスが最後に弟子たちに話したことは、すでに一人ひとりが神さまと出会っているということ。そして、一人ひとりとともに神さまが生きているということでした。まもなく典礼歴は復活節を終えて年間に入ります。年間の主日に読まれる今年の福音書朗読は、マタイによる福音書が読まれます。福音記者であったマタイが描くイエスは、神さまとの親しい交わりの中に、神さまが常にわたしたちともに歩んでいるという良き知らせ。これは復活されたイエスが、弟子たちを通してわたしたちと交わした約束でもありました。

 

「わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる。」

 

神さまにとってわたしたち一人ひとりがたいせつな存在であるからこそ、わたしたちもまた、お互いをたいせつな存在としていくことができますように。わたしたちとともに神さまが生きておられることに励まされながら、ともに歩み始めることにいたしましょう。

 

キリストの教会は社会に開かれた共同体です。より多くの人々がわたしたちのカトリック藤が丘教会の扉をたたかれることをお待ちしております。興味を持たれた方は是非日曜日のミサにいらして下さい。

 

過去の巻頭言・よき便り一覧はコチラから閲覧できます.

 

ミサのご案内 Mass Schedule

主日のミサ 土曜日 Sat   17:00
日曜日 Sun   10:00

平日ミサの日時につきましては教会事務所までお問い合わせ下さい。

<アクセス> 横浜市青葉区柿の木台1-2(東急田園都市線「藤が丘」駅下車、徒歩約7分)

<お問合せ> 教会事務所 (045)973-4100 FAX(045)979-0506

 お問い合わせ・ご質問は、教会事務所までご連絡ください

火曜日~金曜日   午前10時~午後4時

土曜日       午前10時~午後17時30分

日曜日       午前10時~正午

※都合により、事務所スタッフが不在の場合もございます。あらかじめご了承ください。

巻頭言2020年4月

3月 29th, 2020   •   no comments   

 

 

カトリック藤が丘教会へようこそ

Welcome to Fujigaoka Catholic Church!

**************************************************

《新型コロナウイルス対策のお願い》

引き続き4月中のミサを中止します

 現時点で感染拡大は収束しておらず、さらにここ数週間の用心が大切であるとの判断から、ミサは引き続き中止といたします。

 病院や施設にいらっしゃる方々の健康状態も心配ですが、お互いに祈りで支え合いながら、この状況を乗り切っていきましょう。

 聖堂と事務所は通常どおり開いています。どうぞいつでもお立ち寄りください。不自由な状況の中だからこそ気づく、祈りの大切さや声を掛け合うことの大切さを、私たちの信仰生活に活かしていきましょう。

 5月からは通常の活動を再開出来ることを願っています。不明の点などはお気軽に細井神父までお問い合わせください。

2020年4月4日

細井保路神父

■4月5日の枝の主日に祝福した枝は、聖堂入り口に置いてあります。ご自由にお持ち帰りください。

**************************************************

2020年4月      

よき便り    

見ないのに信じる人は幸いと励まされて歩む

 

今年の4月のカトリック典礼歴は、聖週間から始まります。聖週間は、四旬節の最後の一週間です。イエスが木曜日に弟子たちと最後の晩さんで食事を共にし、翌日に十字架に付けられて死に、3日目にご復活したことを黙想していきます。この「主の過越(すぎこし)」を通して、神さまの計らいを共に喜び祝うのが、「復活祭(イースター)」です。

 

復活したといっても、死んだ肉体が元に戻って、さらに生き長らえたということではありません。この世で生きていくための肉体は、十字架上で滅びました。イエスはこの古い身体を脱ぎ捨てて神さまの元に戻り、時間や場所も越えてわたしたち一人ひとりと共に歩み、父である神さまと共にいつくしみや恵みを与えられる存在であることを示されました。

 

イエスが十字架上で死んで葬られたとき、それまでイエスと共に時間を過ごしてきた弟子たちは、この過越を理解することはできませんでした。ただただ目の前で起こったイエスの十字架上の死を嘆き悲しみ、イエスの弟子として見つかったら十字架にかけられてしまうという恐怖とともに、家に集まって固く鍵を閉ざして隠れていたのでした。

 

そんな悲しみと恐れの中にあった弟子たちのもとにイエスは現れ、繰り返し「あなたがたに平和があるように」と伝えます。この『平和』は、単に争いのないことではなく、神さまと親しく交わり、共に信頼関係が築けていることを表しています。イエスは、最後の晩さんの後、弟子たちに「わたしは、平和をあなたがたに残し、わたしの平和を与える。わたしは、これを世が与えるように与えるのではない。心を騒がせるな。おびえるな。」と伝えました(ヨハネによる福音書14・27)。そして、「事が起こったときに、あなたがたが信じるようにと、今、その事の起こる前に話しておく。」(同14・29)と付け加えました。

 

事が起こったとき、すなわち十字架上の死と復活という過越が起こったときに、イエスは弟子たちが神さまと共に生きられるようにと願ったのでした。「あなたがたに平和があるように」というその願いは、神さまからの豊かないつくしみと恵みが広くもたらされますように、神さまを信頼して生きることができますように、そしてそれを広く伝えられる人となりますようにという祈りでもありました。

 

それでも、弟子のトマスは「手の釘跡を見、わき腹の傷に手を入れてみなければ、イエスであることを信じない」と言っていました。その後、復活なさったイエスに出会うことでイエスを信じるようになったトマスの事をヨハネによる福音書は記しています。「わたしを見たから信じたのか。見ないのに信じる人は、幸いである。」(ヨハネによる福音書20・29)と、イエスはトマスに話していますが、これはわたしたち一人ひとりに語りかけている言葉です。イエスが生きた時代から2000年の時を経て、わたしたちもまた、イエスの手や足に残る釘跡や、刺し貫かれたわき腹の傷跡を見ることはできません。「見ないのに信じる人は幸い」と話すイエスに力付けられながら、神さまとの平和のうちに歩み続けていきましょう。

 

キリストの教会は社会に開かれた共同体です。より多くの人々がわたしたちのカトリック藤が丘教会の扉をたたかれることをお待ちしております。興味を持たれた方は是非日曜日のミサにいらして下さい。

 

過去の巻頭言・よき便り一覧はコチラから閲覧できます.

 

ミサのご案内 Mass Schedule

主日のミサ 土曜日 Sat   17:00
日曜日 Sun   10:00

平日ミサの日時につきましては教会事務所までお問い合わせ下さい。

<アクセス> 横浜市青葉区柿の木台1-2(東急田園都市線「藤が丘」駅下車、徒歩約7分)

<お問合せ> 教会事務所 (045)973-4100 FAX(045)979-0506

 お問い合わせ・ご質問は、教会事務所までご連絡ください

火曜日~金曜日   午前10時~午後4時

土曜日       午前10時~午後17時30分

日曜日       午前10時~正午

※都合により、事務所スタッフが不在の場合もございます。あらかじめご了承ください。

巻頭言2020年3月

3月 27th, 2020   •   no comments   

 

 

カトリック藤が丘教会へようこそ

Welcome to Fujigaoka Catholic Church!

 

##########################################################

教皇フランシスコ、新型コロナウイルスの感染拡大にあたっての呼びかけ

 ~2020年3月22日「お告げの祈り」でのことば~

3月27日の18時(日本時間28日午前2時)、聖ペトロ大聖堂の前庭で、無人の広場を前に、祈りの時を主宰します。

新型コロナウイルスのパンデミックに対して、全世界の祈りと思いやり、優しさで対抗していきましょう。一致を保ちましょう。独りぼっちで試練に立ち向かっている人々が、わたしたちがともにいることを感じられるようにしましょう。・・・

<カトリック中央評議会より抜粋> https://www.cbcj.catholic.jp/2020/03/24/20443/

#####################################################

**************************************************

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への

対応について   (2020年3月24日)-更新

**************************************************

3月に引き続き、4月いっぱいミサ及び諸活動はすべて自粛いたします。

– 聖堂と事務所は通常どおり開いております。

– お分かりにならないこと、判断に困っていることがございましたら、いつでもご遠慮なく、神父様又は教会事務所までお問い合わせください。

=========================================================

2020年3月      

よき便り    

立ち返る人に神さまは豊かに恵みを注がれる

カトリックの典礼暦は「四旬節」を迎えています。四旬節は、復活祭に向けて準備をしていくための期間として設けられています。この四旬節は、日頃、自分中心となっている生活を振り返り、神さまのみ旨に従った生き方へと立ち返るための回心の期間として、復活の主日までの日曜を除く40日間の期間と定められています。

 

四旬節の40日間という期間の設定は、イエスがヨハネから洗礼を受けた後、荒れ野で悪魔からの誘惑を断ち切りながら40日間を過ごしたことが元になっています。四旬節第1主日に読まれる福音書朗読には、イエスは次のように答えて悪魔からの誘惑を絶ったと書かれています。(マタイによる福音書4・3〜7)

 

「『人はパンだけで生きるものではない。神の口から出る一つ一つの言葉で生きる』と書いてある」

「『あなたの神である主を試してはならない』と書いてある」

「『あなたの神である主を拝み、ただ主に仕えよ』と書いてある」

 

イエスがここで引用した言葉は、旧約聖書の申命記8・3、申命記6・16、申命記6・13からのものでした。旧約の時代であった当時、申命記はモーセがイスラエルの民に律法の精神を説いたものとして、大切に伝えられてきた書物です。イエスは自分の考えを伝えるのではなく、当時のユダヤ社会においてもっとも規範となる書物から引用することで、自分の思いで動くのではなく、神さまの思いに立ち返ることこそが必要で大切なことだと示したのでした。

 

誘惑をこのように退けられたイエスには「天使たちが来てイエスに仕えた」(マタイによる福音書4・11)と書かれています。天使が来るというのは、神さまの恵みが豊かに注がれたということを表しています。しかし、イエスがヨハネから洗礼を受けたとき、天からの声が「これはわたしの愛する子、わたしの心に適う者」として、その存在が明かされたように、すでに神さまの子として心に適うと言われたイエスには、いつも神さまからの恵みが注がれ続けています。

 

同様に、イエスが行った悪魔からの誘惑を断つという行為は、わたしたちにとって、生活の規範として必要なことをイエスが身をもって示してくださったということなのでしょう。それは、神さまに立ち返ることによって、その人には恵みが豊かに注がれるということでした。わたしたち一人ひとりにその恵みがもたらされることを願いながら、自分の生活を振り返り、神さまに立ち返っていくことができますよう、祈り続けていきたいと思います。

 

キリストの教会は社会に開かれた共同体です。より多くの人々がわたしたちのカトリック藤が丘教会の扉をたたかれることをお待ちしております。興味を持たれた方は是非日曜日のミサにいらして下さい。

 

過去の巻頭言・よき便り一覧はコチラから閲覧できます.

 

ミサのご案内 Mass Schedule

主日のミサ 土曜日 Sat   17:00
日曜日 Sun   10:00

平日ミサの日時につきましては教会事務所までお問い合わせ下さい。

<アクセス> 横浜市青葉区柿の木台1-2(東急田園都市線「藤が丘」駅下車、徒歩約7分)

<お問合せ> 教会事務所 (045)973-4100 FAX(045)979-0506

 お問い合わせ・ご質問は、教会事務所までご連絡ください

火曜日~金曜日   午前10時~午後4時

土曜日       午前10時~午後17時30分

日曜日       午前10時~正午

※都合により、事務所スタッフが不在の場合もございます。あらかじめご了承ください。

Page 1 of 2312345»1020...Last »