巻頭言2021年1月

1月 4th, 2021   •   no comments   

 

 

 

 

カトリック藤が丘教会へようこそ

Welcome to Fujigaoka Catholic Church!

 

2021年1月      

よき便り    

神さまからのよき知らせを受け取る

 

今年は1月1日が金曜日。12月25日の主のご降誕以降、そのご降誕を祝う降誕節は、イエスがこの世に生まれたことが知られた「主の公現」を祝って終わります。今年の主の公現は、1月3日。ちょっと短めの降誕節となりました。

 

主の公現の翌週からは、カトリックの典礼歴は「年間」と呼ばれる期間に入ります。年間は、イエスが神さまの福音を伝え始める公生活に入る最初の出来事として、ヨルダン川でヨハネから洗礼を受けられた「主の洗礼」の祝日から始まります。その後の福音書朗読は、イエスが洗礼を受けた後に公生活に入り、弟子たちを選ばれるところから読まれていきます。イエスの公生活は30歳のころからと言われていますが、マルコによる福音書には次のように書かれています。

 

ヨハネが捕らえられた後、イエスはガリラヤへ行き、神の福音を宣べ伝えて、「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」と言われた。(マルコによる福音書1・14〜15)

 

福音記者のマルコが、その福音書でもっとも伝えたいテーマは、『神の子イエス・キリストの福音の初め。』と福音書冒頭に記したように、イエスが神の子として、キリスト(油注がれたもの)として神さまの福音を伝えていったということでした。マルコによる福音書は、4つある福音書でもっとも短いものですが、マルコが本当に伝えたいことは、すべての人びとにもたらされた「神さまからの福音」です。それでは、「福音」とは何でしょうか。福音とは、「良き知らせ」のことです。イエスが最初のメッセージとして人びとに伝えたのは、神さまからの良き知らせ、良き便りを信じなさいということでした。

 

神さまとの約束である律法を厳格に守って生活し続けることが神さまから認められると信じられていた当時のユダヤ社会において、律法学者や祭司たちのようには律法を厳格に守ることなどできない多くの人にとっては、神さまは近づくことなどできない、遠い遠い存在であったのかもしれません。イエスは、神さまが限られた人のためではなく、すべての人のために来られたという最初の良き知らせを、「神の国が近づいた」と表現しました。悔い改めるということは、どうでもよいという投げやりな生活から、神さまを中心とした生活に戻りなさいということ。良き知らせは、神さまとともに歩む最初の一歩でもありました。

 

神さまが遠い遠い存在と感じられるのは、ユダヤ社会に限ったことではありません。わたしたちも、たいへん困難な状況のなか生活を続けています。時には「神も仏もあるものか」と自分を投げ出したくなるような場面にあって、いま一度、イエスが最初に伝えた「神の国は近づいた。福音を信じなさい」という力強い言葉に立ち止まり、振り返って、ともに歩んでくださる神さまの良き知らせを受け取りたいと思います。

 

キリストの教会は社会に開かれた共同体です。より多くの人々がわたしたちのカトリック藤が丘教会の扉をたたかれることをお待ちしております。興味を持たれた方は是非日曜日のミサにいらして下さい。

 

過去の巻頭言・よき便り一覧はコチラから閲覧できます.

 

ミサのご案内 Mass Schedule

主日のミサ 土曜日 Sat   17:00
日曜日 Sun 8:00、10:00、12:00

平日ミサの日時につきましては教会事務所までお問い合わせ下さい。

<アクセス> 横浜市青葉区柿の木台1-2(東急田園都市線「藤が丘」駅下車、徒歩約7分)

<お問合せ> 教会事務所 (045)973-4100 FAX(045)979-0506

 お問い合わせ・ご質問は、教会事務所までご連絡ください

火曜日~金曜日   午前10時~午後4時

土曜日       午前10時~午後17時30分

日曜日       午前10時~正午

※都合により、事務所スタッフが不在の場合もございます。あらかじめご了承ください。

巻頭言2020年12月

12月 3rd, 2020   •   no comments   

 

 

 

 

カトリック藤が丘教会へようこそ

Welcome to Fujigaoka Catholic Church!

 

2020年12月      

よき便り    

お言葉どおり、この身になりますように

 

11月末から、カトリックの典礼暦は、12月25日の主のご降誕を待ちのぞむ「待降節」に入ります。毎年、この時期の福音書朗読は、イエスが生まれてくるまでのこと、あるいは神さまがともにおられることをイエスが伝え始めた頃のことが読まれます。今年の福音書朗読は、マルコによる福音書を中心に読まれていきます。この福音書は、イエスが教え始められた頃からが描かれている福音書です。そのため、イエスの誕生前の部分はルカによる福音書が読まれます。

 

天使は、彼女のところに来て言った。「おめでとう、恵まれた方。主があなたと共におられる。」マリアはこの言葉に戸惑い、いったいこの挨拶は何のことかと考え込んだ。すると、天使は言った。「マリア、恐れることはない。あなたは神から恵みをいただいた。あなたは身ごもって男の子を産むが、その子をイエスと名付けなさい。その子は偉大な人になり、いと高き方の子と言われる。神である主は、彼に父ダビデの王座をくださる。彼は永遠にヤコブの家を治め、その支配は終わることがない。」(ルカによる福音書1・28〜)

 

これが待降節第4主日に読まれる、大天使ガブリエルがマリアのもとに現れて、イエスをみごもることを告げる「受胎告知」の一節です。マリアのもとに突然現れた天使が、突然イエスの誕生を予告したのです。驚かないはずはありません。わたしたちは、自分の理解できないことは拒絶したり、無関心であり続けようとしたりします。現実を見て見ぬ振りをし、そんなことはあり得ないと自己中心の考えに固執しようとするのです。

 

しかし、マリアは自分の理解し得ないことが起きているにもかかわらず、戸惑いながらもパニックに陥ることもなく考え込むのです。そして淡々と、「どうして、そのようなことがありえましょうか。わたしは男の人を知りませんのに。」とガブリエルにたずねます。しかし、その返事も「聖霊があなたに降り、いと高き方の力があなたを包む。だから生まれる子は聖なる者、神の子と呼ばれる。」「神にできないことは何一つない。」というもので、やはり理解しえないものでしかありませんでした。

 

「何を馬鹿なことを」「そんなことはあるはずもない」と拒絶することは簡単です。しかしマリアは、その理解し得ないものを、拒絶することもなく、理解しないまま静かに受け容れるのです。「わたしは主のはしためです。お言葉どおり、この身になりますように。」

 

神さまのことを信頼して受け容れていくことなしには、自分中心の考えから離れることができません。カトリックの教会がマリアを特に敬うのは、神さまとの信頼関係を、身をもって示してくれたためです。マリアに倣い、わたしたちもまた神さまを信頼して歩み続けようではありませんか。大天使ガブリエルがマリアに呼びかけた「恵まれた方。主があなたと共におられる。」ということばは、マリアに対してだけではなく、わたしたち一人ひとりに呼びかけられたことばでもあるのです。

 

キリストの教会は社会に開かれた共同体です。より多くの人々がわたしたちのカトリック藤が丘教会の扉をたたかれることをお待ちしております。興味を持たれた方は是非日曜日のミサにいらして下さい。

 

過去の巻頭言・よき便り一覧はコチラから閲覧できます.

 

ミサのご案内 Mass Schedule

主日のミサ 土曜日 Sat   17:00
日曜日 Sun 8:00、10:00、12:00

平日ミサの日時につきましては教会事務所までお問い合わせ下さい。

<アクセス> 横浜市青葉区柿の木台1-2(東急田園都市線「藤が丘」駅下車、徒歩約7分)

<お問合せ> 教会事務所 (045)973-4100 FAX(045)979-0506

 お問い合わせ・ご質問は、教会事務所までご連絡ください

火曜日~金曜日   午前10時~午後4時

土曜日       午前10時~午後17時30分

日曜日       午前10時~正午

※都合により、事務所スタッフが不在の場合もございます。あらかじめご了承ください。

巻頭言2020年11月

11月 2nd, 2020   •   no comments   

 

 

 

 

カトリック藤が丘教会へようこそ

Welcome to Fujigaoka Catholic Church!

 

2020年11月      

よき便り    

準備して、ともし火を灯し続ける

 

カトリックの典礼歴は、ご降誕を待ち望む「待降節」に入る11月末から年度が変わります。そのため、一足早く年末を迎えています。

 

11月の主日ミサの福音書朗読では、繰り返し印象的な言葉が読まれます。それは、「目を覚ましていなさい」という言葉です。イエスが弟子たちにこの言葉を話すのは、年間第32主日のマタイによる福音書 第25章の『「十人のおとめ」のたとえ』の個所と、待降節第1主日のマルコによる福音書 第13章の『目を覚ましていなさい』の個所ですが、それぞれの言葉が語られたシーンは異なります。

 

マタイによる福音書での「目を覚ましていなさい」という言葉は、天の国についてのたとえで、花婿の到着を待つおとめの話のなかでした。花婿の到着のために、ともし火とともに追加の油の用意をして待っていた賢いおとめたちとは対照的に、油を用意していなかった愚かなおとめたちは、その時になって慌てて油を買いに行っている間に、門が閉ざされてしまいます。

 

これに対して、マルコによる福音書では、当時のユダヤ社会、旧約の時代に、神さまの到来によりすべてが完成される「終末の時」について、イエスは主人の帰りを待つ門番の話でたとえています。

 

「目を覚ましていなさい」とイエスが弟子たちに話すのは、「あなたがたは、その日、その時を知らない」「その時がいつなのか、あなたがたには分からない」からです。マルコの福音書で読まれる個所の直前 第13章32節には、「その日、その時は、だれも知らない。天使たちも子も知らない。父だけがご存じである」とあり、神さまに仕える天使も、神さまの子であるイエスも知らないというのです。当然、わたしたちには、いつ神さまが手を差し伸べてくださるか、そして恵みを与えてくださるかを計り知ることはできません。だから「そんなものは、あてのないものだ」と、自分勝手に過ごしているのは、油を用意していなかった愚かなおとめたちと変わりがありません。

 

考えてみれば、油皿に挿した灯芯にともし火を灯し続けることは大変です。風は吹いていないか、灯芯の長さは大丈夫か、油は切れていないかと、気を抜かずに常に手間をかけていく必要があります。イエスが「目を覚ましていなさい」と話すのは、ただその時を待つのではなく、「その時がいつ訪れてもよいように用意して」目を覚ましていなさいと伝えているのでした。

 

花婿や主人はわたしたちのもとに「必ず来られる」からこそ、神さまを待つ準備として、自分を見つめ直して神さまに立ち返っていくことが必要なのではないでしょうか。「神さまはいつもわたしたちと共に過ごし、ともに生きてくださっている」という希望のともし火を、心の中に灯し続けながら待ち続けていきましょう。

 

キリストの教会は社会に開かれた共同体です。より多くの人々がわたしたちのカトリック藤が丘教会の扉をたたかれることをお待ちしております。興味を持たれた方は是非日曜日のミサにいらして下さい。

 

過去の巻頭言・よき便り一覧はコチラから閲覧できます.

 

ミサのご案内 Mass Schedule

主日のミサ 土曜日 Sat   17:00
日曜日 Sun 8:00、10:00、12:00

平日ミサの日時につきましては教会事務所までお問い合わせ下さい。

<アクセス> 横浜市青葉区柿の木台1-2(東急田園都市線「藤が丘」駅下車、徒歩約7分)

<お問合せ> 教会事務所 (045)973-4100 FAX(045)979-0506

 お問い合わせ・ご質問は、教会事務所までご連絡ください

火曜日~金曜日   午前10時~午後4時

土曜日       午前10時~午後17時30分

日曜日       午前10時~正午

※都合により、事務所スタッフが不在の場合もございます。あらかじめご了承ください。

Page 1 of 2612345»1020...Last »