巻頭言 2019年7月

6月 28th, 2019   •   no comments   

 

 

カトリック藤が丘教会へようこそ

Welcome to Fujigaoka Catholic Church!

                                                 

            2019年7月      

よき便り    

 

──イエスが伝えた日々の祈り──

 

カトリックに限らず、クリスチャンにとって大切な祈りに「主の祈り」があります。祈りは、何冊も祈りの本が発刊されるほど数多くありますが、イエスが最初に弟子たちに教えた祈りが「主の祈り」でした。その時の様子が、年間第17主日の福音朗読で語られます。

 

イエスはある所で祈っておられた。祈りが終わると、弟子の一人がイエスに、「主よ、ヨハネが弟子たちに教えたように、わたしたちにも祈りを教えてください」と言った。

そこで、イエスは言われた。「祈る時には、こう言いなさい。

『父よ、

御名が崇められますように。

御国が来ますように。

わたしたちに必要な糧を毎日与えてください。

わたしたちの罪を赦してください、

わたしたちも自分に負い目のある人を皆赦しますから。

わたしたちを誘惑に遭わせないでください。』」

(ルカによる福音書11・1〜4)

 

このシーンは、マタイによる福音書にも書かれていますが、文言が追加されて現在の「主の祈り」の形に近くなっています。福音記者のルカが書き記したものは、「主の祈り」の原型とも言えるものです。

 

さて、何かを祈ろうとするとき、わたしたちはつい「(わたしが)こうなりますように」「(わたしのために)こうしてください」と祈ってしまいます。しかしイエスは、「わたしに必要な糧を……」「わたしの罪を赦して……」「わたしを誘惑に遭わせないで……」とは言いませんでした。わたし個人のために自分本位に好き勝手に祈るのではなく、「わたしたち」一人ひとり全員のために祈りなさいと伝えたのでした。

 

そんな祈りの姿勢を伝えたイエスでも、受難に向かう前のオリーブ山での最後の祈りにおいては、「父よ、御心なら、この杯をわたしから取りのけてください。」(ルカによる福音書22・42)と自分のために祈りました。神さまと一体であるイエスも、受難に向かう前とあっては、自分のために祈らざるを得なかったのでしょう。だからこそ、わたしたちが困難な状況に向かう時、試練のさなかにある時、自分のために祈ることは仕方のないことなのです。イエスは自分の祈りの後に次のように続け、神さまにすべてを委ねたのでした。

 

「しかし、わたしの願いではなく、御心のままに行ってください。」

主の祈りを唱えるわたしたちは、神さまにとってたいせつな存在であるからこそ、わたしたち自らすべての人のために祈ります。それは、神さまの御心に、わたしたち自身を委ねていく祈りでもあるのです。

 

キリストの教会は社会に開かれた共同体です。より多くの人々がわたしたちのカトリック藤が丘教会の扉をたたかれることをお待ちしております。興味を持たれた方は是非日曜日のミサにいらして下さい。

過去の巻頭言・よき便り一覧はコチラから閲覧できます.

 

ミサのご案内 Mass Schedule

主日のミサ 土曜日 Sat   17:00
日曜日 Sun   10:00

※5月12日から日曜のミサ開始時刻が9時半から10時へ変更になりました。

平日ミサの日時につきましては教会事務所までお問い合わせ下さい。

所在地 Address 東急田園都市線「藤が丘」駅下車、徒歩約7分 横浜市青葉区柿の木台1-2

<お問合せ> 教会事務所 (045)973-4100 FAX(045)979-0506

 お問い合わせ・ご質問は、教会事務所までご連絡ください

火曜日~金曜日   午前10時~午後4時

土曜日       午前10時~午後17時30分

日曜日       午前10時~午後1時

※都合により、事務所スタッフが不在の場合もございます。あらかじめご了承ください

巻頭言 2019年6月

6月 3rd, 2019   •   no comments   

 

 

カトリック藤が丘教会へようこそ

Welcome to Fujigaoka Catholic Church!

                                                 

            2019年6月      

よき便り    

神さまは迷える人を食卓に招く

 

主のご復活を祝う復活節が終わると、カトリックの典礼暦は、通常の「年間」の期間に戻ります。この前後3週間の福音書朗読は、カトリック教会の信仰で、とてもたいせつなことに焦点が当てられます。

・イエスが天の御父(神さま)のもとにあげられたことを記念する「主の昇天」

・集まった弟子たち一人ひとりに神さまの弁護者として聖霊が送られてくることを祝う「聖霊降臨の主日」

・神さまとイエス、聖霊が一体となってはたらくことを思い起こす「三位一体の主日」

・イエスがミサの中心となるご聖体を定めたことを記念する「キリストの聖体」

・わたしたち一人ひとりが神さまにとってたいせつな存在であることを思う「イエスのみ心」

 

ここではイエスのみ心の祭日の福音書朗読を味わってみましょう。

 

あなたがたの中に、百匹の羊を持っている人がいて、その一匹を見失ったとすれば、九十九匹を野原に残して、見失った一匹を見つけ出すまで捜し回らないだろうか。そして、見つけたら、喜んでその羊を担いで、家に帰り、友達や近所の人々を呼び集めて、『見失った羊を見つけたので、一緒に喜んでください』と言うであろう。(ルカによる福音書15・4〜6)

 

この個所は、「善き牧者イエス」として伝えられる部分です。律法学者たちやファリサイ派の人たちは、イエスが徴税人や罪人とともに食事をするのを咎めます。当時の律法を重んじる人たちにとっては、徴税人や罪人と食事を共にすることだけでも、自分が汚されると考えていたのです。そんな人たちにイエスは「見失った羊」のたとえ話をするのでした。

 

見失った羊のたとえで話される、羊を持つ人は神さまであり、羊は神さまのもとに集まるわたしたちです。神さまはすでに聞き従っている人たちを残してでも、聞き従うかを迷っている人たちを探しに行きます。そして、どんな人であっても、探し出し、抱き上げ、迎え入れ喜んでくれるというのです。

 

イエスは、自分の話を聞きたいと集まった徴税人や罪人とともに食事を共にし、教えを説いていきます。神さまを求め、イエスを通して語られる神さまのみ言葉に聞き従おうとする人たちを受け容れ、寄り添っていくのです。

 

神さまにとっては、いつか聞き従いたいと思っていることがたいせつなこと。群れに入れずに迷う人が、群れに入るまでただ待ち続けるのではなく、探して、食卓に招き入れようとしてくださいます。一人ひとりに常に呼びかけてくださる神さまのいつくしみに感謝しながら、共に喜びあいたいと思います。

 

キリストの教会は社会に開かれた共同体です。より多くの人々がわたしたちのカトリック藤が丘教会の扉をたたかれることをお待ちしております。興味を持たれた方は是非日曜日のミサにいらして下さい。

過去の巻頭言・よき便り一覧はコチラから閲覧できます.

 

ミサのご案内 Mass Schedule

主日のミサ 土曜日 Sat   17:00
日曜日 Sun   10:00

※5月12日から日曜のミサ開始時刻が9時半から10時へ変更になりました。

平日ミサの日時につきましては教会事務所までお問い合わせ下さい。

所在地 Address 東急田園都市線「藤が丘」駅下車、徒歩約7分 横浜市青葉区柿の木台1-2

<お問合せ> 教会事務所 (045)973-4100 FAX(045)979-0506

 お問い合わせ・ご質問は、教会事務所までご連絡ください

火曜日~金曜日   午前10時~午後4時

土曜日       午前10時~午後17時30分

日曜日       午前10時~午後1時

※都合により、事務所スタッフが不在の場合もございます。あらかじめご了承ください

巻頭言 2019年5月

5月 6th, 2019   •   no comments   

 

カトリック藤が丘教会へようこそ

Welcome to Fujigaoka Catholic Church!

                                                 

            2019年5月      

よき便り

 

神さまにとってたいせつな存在のわたしたち

 

主のご復活おめでとうございます。

 

復活祭の後しばらくの間は、主のご復活を祝う期間である「復活節」となります。この期間のミサの朗読は旧約聖書の朗読がなく、代わりに「使徒たちの宣教」と題して 使徒言行録の部分が読まれていきます。そして福音書の朗読も、イエスが受難と復活の前後に弟子たちに語られたことが中心に読まれていきます。

 

復活節第5主日の福音書朗読は、ヨハネによる福音書13章が読まれます。イエスは弟子たちに新しい掟として「わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい」と伝えました。そして、その翌週の復活節第6主日には、これに続く個所として、イエスは「わたしを愛する人は、わたしの言葉を守る。わたしの父はその人を愛され、父とわたしはその人のところに行き、一緒に住む」と話し、イエスの言葉を守る人たちのもとに神さまがその人にとどまるのだと約束されました。

 

キリスト教は「愛の宗教」だと言われることがあります。ミサの最初で、司祭は、「主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりがみなさんとともに」と会衆を招きます。「神の愛」とサラッと表現していますが、この「愛」という言葉は、単純に好意があるかどうかということを示しているわけではありません。

 

キリスト教が日本に伝えられたとき、古の人たちは神さまの愛を「デウスのごたいせつ」と訳しました。デウスというラテン語は、神さまを表しています。つまり、神さまの前にたいせつな存在であると表現されたわけです。愛することは単なる好意ではなく、好意を持つかどうかに関わらず、どんな存在であっても「たいせつにする」「たいせつに思う」こと。それこそが神の愛の本質であり、そこに神さまのいつくしみが表れています。

 

わたしたちにとって、自分が好きなものをたいせつにすることは容易いことです。しかし、嫌いなものさえもたいせつな存在にしていくのは大変なことです。たいせつにしていこうとする自分の意思が必要になります。たいせつにするそのもの自体に関心を持ち続けていなければ、たいせつにしていくことはできないのです。冒頭に紹介したヨハネによる福音書の個所をもう一度振り返ってみましょう。

 

「わたしがあなたがたをたいせつにしたように、あなたがたも互いのことをたいせつにし合いなさい。わたしをたいせつにする人は、わたしの言葉を守る。わたしの父はその人をたいせつにし、父とわたしはその人のところに行き、一緒に住む。」

 

わたしたち一人ひとりが、神さまにとってたいせつな存在であるということを思い起こしながら、新たな気持ちで過ごしていきたいと思います。

 

キリストの教会は社会に開かれた共同体です。より多くの人々がわたしたちのカトリック藤が丘教会の扉をたたかれることをお待ちしております。興味を持たれた方は是非日曜日のミサにいらして下さい。

 

過去の巻頭言・よき便り一覧はコチラから閲覧できます.

 

ミサのご案内 Mass Schedule

主日のミサ 土曜日 Sat   17:00
日曜日 Sun   10:00

※5月12日から日曜のミサ開始時刻が9時半から10時へ変更になりました。

平日ミサの日時につきましては教会事務所までお問い合わせ下さい。

所在地 Address 東急田園都市線「藤が丘」駅下車、徒歩約7分 横浜市青葉区柿の木台1-2

<お問合せ> 教会事務所 (045)973-4100 FAX(045)979-0506

 お問い合わせ・ご質問は、教会事務所までご連絡ください

火曜日~金曜日   午前10時~午後4時

土曜日       午前10時~午後17時30分

日曜日       午前10時~午後1時

※都合により、事務所スタッフが不在の場合もございます。あらかじめご了承ください

Page 1 of 2112345»1020...Last »