巻頭言2020年11月

11月 2nd, 2020   •   no comments   

 

 

 

 

カトリック藤が丘教会へようこそ

Welcome to Fujigaoka Catholic Church!

 

2020年11月      

よき便り    

準備して、ともし火を灯し続ける

 

カトリックの典礼歴は、ご降誕を待ち望む「待降節」に入る11月末から年度が変わります。そのため、一足早く年末を迎えています。

 

11月の主日ミサの福音書朗読では、繰り返し印象的な言葉が読まれます。それは、「目を覚ましていなさい」という言葉です。イエスが弟子たちにこの言葉を話すのは、年間第32主日のマタイによる福音書 第25章の『「十人のおとめ」のたとえ』の個所と、待降節第1主日のマルコによる福音書 第13章の『目を覚ましていなさい』の個所ですが、それぞれの言葉が語られたシーンは異なります。

 

マタイによる福音書での「目を覚ましていなさい」という言葉は、天の国についてのたとえで、花婿の到着を待つおとめの話のなかでした。花婿の到着のために、ともし火とともに追加の油の用意をして待っていた賢いおとめたちとは対照的に、油を用意していなかった愚かなおとめたちは、その時になって慌てて油を買いに行っている間に、門が閉ざされてしまいます。

 

これに対して、マルコによる福音書では、当時のユダヤ社会、旧約の時代に、神さまの到来によりすべてが完成される「終末の時」について、イエスは主人の帰りを待つ門番の話でたとえています。

 

「目を覚ましていなさい」とイエスが弟子たちに話すのは、「あなたがたは、その日、その時を知らない」「その時がいつなのか、あなたがたには分からない」からです。マルコの福音書で読まれる個所の直前 第13章32節には、「その日、その時は、だれも知らない。天使たちも子も知らない。父だけがご存じである」とあり、神さまに仕える天使も、神さまの子であるイエスも知らないというのです。当然、わたしたちには、いつ神さまが手を差し伸べてくださるか、そして恵みを与えてくださるかを計り知ることはできません。だから「そんなものは、あてのないものだ」と、自分勝手に過ごしているのは、油を用意していなかった愚かなおとめたちと変わりがありません。

 

考えてみれば、油皿に挿した灯芯にともし火を灯し続けることは大変です。風は吹いていないか、灯芯の長さは大丈夫か、油は切れていないかと、気を抜かずに常に手間をかけていく必要があります。イエスが「目を覚ましていなさい」と話すのは、ただその時を待つのではなく、「その時がいつ訪れてもよいように用意して」目を覚ましていなさいと伝えているのでした。

 

花婿や主人はわたしたちのもとに「必ず来られる」からこそ、神さまを待つ準備として、自分を見つめ直して神さまに立ち返っていくことが必要なのではないでしょうか。「神さまはいつもわたしたちと共に過ごし、ともに生きてくださっている」という希望のともし火を、心の中に灯し続けながら待ち続けていきましょう。

 

キリストの教会は社会に開かれた共同体です。より多くの人々がわたしたちのカトリック藤が丘教会の扉をたたかれることをお待ちしております。興味を持たれた方は是非日曜日のミサにいらして下さい。

 

過去の巻頭言・よき便り一覧はコチラから閲覧できます.

 

ミサのご案内 Mass Schedule

主日のミサ 土曜日 Sat   17:00
日曜日 Sun 8:00、10:00、12:00

平日ミサの日時につきましては教会事務所までお問い合わせ下さい。

<アクセス> 横浜市青葉区柿の木台1-2(東急田園都市線「藤が丘」駅下車、徒歩約7分)

<お問合せ> 教会事務所 (045)973-4100 FAX(045)979-0506

 お問い合わせ・ご質問は、教会事務所までご連絡ください

火曜日~金曜日   午前10時~午後4時

土曜日       午前10時~午後17時30分

日曜日       午前10時~正午

※都合により、事務所スタッフが不在の場合もございます。あらかじめご了承ください。

巻頭言2020年10月

10月 1st, 2020   •   no comments   

 

 

 

 

カトリック藤が丘教会へようこそ

Welcome to Fujigaoka Catholic Church!

 

2020年10月      

よき便り    

神さまが招く人

 

今年10月の年間第28主日ミサの福音書では、イエスが祭司長や民の長老たちに対し、神さまに招かれる人についてのたとえを話しています。

 

ある王は王子のために婚宴を催します。婚宴に招いた人々を呼んだが来ようとしなかったので、さらに婚宴に来るよう呼び掛けたが、人々は無視し、それどころか使いの家来を殺してしまいます。そこで、王は人殺しどもを滅したうえ、代わりに町の大通りで見かけた者を誰でも呼び寄せて婚宴の席を満たしたというたとえです。このたとえには、後に続く話があります。王が客を見ようと入ると、婚礼の礼服を来ていない者がいたので、縛り上げて外に放り出したというのです。

 

王として描かれる神さまは、婚宴と呼ぶ天の国に招いています。呼びかけに応えない人は「ふさわしくない」とされてしまいました。神さまが最初に呼び寄せたのは、わたしたちが婚礼に招く人たちと同じように、天の国にふさわしいと思われる身近な人たちだったのでしょう。それは、神さまの教えを守る人、教えを伝えていく人でした。イエスがたとえを話している人たちこそが、最初に神さまが招いた人たちだったのです。

 

しかし、その人たちは婚宴には出かけませんでした。「人々は無視し、一人は畑に、一人は商売に出かけ、また、他の人々は王の家来たちを捕まえて乱暴し、殺してしまった」のでした。普通であれば、婚宴を諦めてしまうところですが、神さまは、別の人々のために開くことにします。代わりに呼び寄せたのは、町の人たちです。「見かけた人は善人も悪人も皆集めてきた」と書かれているように、神さまの教えを知る人も知らない人も、どんな立場の人も、分け隔てなく天の国に招いたのです。

 

そんな婚宴の席で、王が側近の者たちに言って、縛りあげて放り出された「一人」がいました。「婚礼の礼服を着ていない者」と表現されていますが、そもそも町で見かけて集められた人がわざわざ礼服に着替えて出かけていたとは思えません。それでは、婚礼の礼服とは何を意味しているのでしょうか。

 

最初にふさわしくないとされた人を思い出してみましょう。神さまの呼びかけには応えることなく、自分の都合で過ごしていた人たちでした。本当に神さまの助けを必要としていた町の人が招かれた婚宴の席に、呼びかけに応えない人の存在は不要だったのではないでしょうか。

 

それでも王は、見つけてすぐに放り出すことはせずに「友よ、どうして礼服を着ないでここに入ってきたのか」と問いかけています。自分の都合で生きるのではなく、本当に神さまに立ち返って生きようとしているのかを確かめています。「友よ」という呼びかけにも、立ち返るならば、分け隔てなく天の国に招こうとする神さまのいつくしみが溢れています。

 

キリストの教会は社会に開かれた共同体です。より多くの人々がわたしたちのカトリック藤が丘教会の扉をたたかれることをお待ちしております。興味を持たれた方は是非日曜日のミサにいらして下さい。

 

過去の巻頭言・よき便り一覧はコチラから閲覧できます.

 

ミサのご案内 Mass Schedule

主日のミサ 土曜日 Sat   17:00
日曜日 Sun 8:00、10:00、12:00

平日ミサの日時につきましては教会事務所までお問い合わせ下さい。

<アクセス> 横浜市青葉区柿の木台1-2(東急田園都市線「藤が丘」駅下車、徒歩約7分)

<お問合せ> 教会事務所 (045)973-4100 FAX(045)979-0506

 お問い合わせ・ご質問は、教会事務所までご連絡ください

火曜日~金曜日   午前10時~午後4時

土曜日       午前10時~午後17時30分

日曜日       午前10時~正午

※都合により、事務所スタッフが不在の場合もございます。あらかじめご了承ください。

巻頭言2020年9月

9月 1st, 2020   •   no comments   

 

 

 

 

カトリック藤が丘教会へようこそ

Welcome to Fujigaoka Catholic Church!

 

2020年9月      

よき便り    

神さまからいただくもの

 

今年の主日ミサの福音書朗読は、マタイによる福音書にある出来事が読まれています。年間第25主日のミサで読まれる個所は、「ぶどう園の労働者」のたとえ(マタイによる福音書20・1〜16)として、神さまからいただく恵みについて書かれています。そのたとえ話は、次のようなものです。

 

ある家の主人が夜明けに、一日につき一デナリオンの約束でぶどう園で働く労働者を雇います。その後、9時、12時、15時、17時にも広場に立っている人がいたので、主人は「あなたたちもぶどう園に行きなさい。」と雇います。夕方になって主人は、ぶどう園に最後に雇われた人から順に一デナリオンずつ支払ったという話です。

 

同じ作業の労働力の対価として考えれば、この主人は相当おかしなことをしています。それは当時の人にとっても同じ思いであったのでしょう。主人に対し「最後に来たこの連中は、1時間しか働きませんでした。まる一日、暑い中を辛抱して働いたわたしたちと、この連中とを同じ扱いにするとは」と不平を述べています。この不平に対し主人は、「わたしはこの最後の者にも、あなたと同じように支払ってやりたいのだ」と返します。

 

当時のユダヤ社会においては、神さまとの約束として定められた律法に、どれだけ従って生きることができるかが重要なことでした。律法に忠実に従うことが神さまの意に即した生き方で、そうするからこそ神さまからの恵みを享受できるとされていたのです。だからこそ律法学者や祭司長は、律法を守る生活を第一に考えていたのでしょう。

 

「ぶどう園の労働者」のたとえでは、ぶどう園の主人は神さま、夜明けから主人と約束して働く労働者は律法学者や祭司長を、広場で声をかけてもらうまで立って待っている人は神さまからの恵みを待ち望む人たちを表しています。神さまの恵みは、律法学者や祭司長のように最初から神さまと約束して働いたことの対価として与えられるものではないのです。

 

主人は、広場で声をかけてもらうまで立って待つ人には、「あなたたちもぶどう園に行きなさい」とだけ伝え、「一デナリオンで」と対価の話をしていません。後からぶどう園に来た者であっても、律法学者や祭司長と等しい対価を支払っています。神さまが与える恵みは、職種や職位に応じて与えられるものでもありません。

 

広場で声をかけてもらうまで、一日中ただただ立って待つ人は、9時、12時、15時、17時と時間が過ぎるにつれ、「今日もまた仕事がないかもしれない」と不安を強くしたかもしれません。「誰かの役に立てることはないのか」と絶望を感じたかもしれません。それはひたすら神さまからの恵みを待ち望む人の姿に映ります。そんな人たちに神さまが与えた恵みは、不安や絶望のなかにあって、より大きな輝きを持った恵みとして感じられたのではないでしょうか。声をかけられ、ぶどう園へと歩み始めるときの喜びを思い起こしながら、わたしたちも神さまからいただく恵みを感じていきたいと思います。

 

キリストの教会は社会に開かれた共同体です。より多くの人々がわたしたちのカトリック藤が丘教会の扉をたたかれることをお待ちしております。興味を持たれた方は是非日曜日のミサにいらして下さい。

 

過去の巻頭言・よき便り一覧はコチラから閲覧できます.

 

ミサのご案内 Mass Schedule

主日のミサ 土曜日 Sat   17:00
日曜日 Sun 8:00、10:00、12:00

平日ミサの日時につきましては教会事務所までお問い合わせ下さい。

<アクセス> 横浜市青葉区柿の木台1-2(東急田園都市線「藤が丘」駅下車、徒歩約7分)

<お問合せ> 教会事務所 (045)973-4100 FAX(045)979-0506

 お問い合わせ・ご質問は、教会事務所までご連絡ください

火曜日~金曜日   午前10時~午後4時

土曜日       午前10時~午後17時30分

日曜日       午前10時~正午

※都合により、事務所スタッフが不在の場合もございます。あらかじめご了承ください。

Page 3 of 27«12345»1020...Last »