よき便り 2017年4月

3月 26th, 2017   •   no comments   

 

カトリック藤が丘教会へようこそ

Welcome to Fujigaoka Catholic Church!       

                                                                                                   

2017年4月カトリック藤が丘教会 

よき便り

エマオへの道-復活祭にあたって-

 

 今年の復活祭は、4月16日です。パウロが「キリストが復活しなかったとしたら、わたしたちの宣教は無意味であるし、あなた方の信仰も無意味となるでしょう。」と『コリントの教会への第一の手紙』で述べている通り、イエスの復活はキリスト教徒の信仰の根源となる最も重要な出来事です。生前からイエスが言われていた通り、十字架上で死を遂げた三日後にイエスは復活されたのでした。四つの福音書は、イエスの復活の状況、復活後のイエスの言動について、それぞれ詳しく臨場感のこもった文体で綴り、私たちの信仰の励みとしてくれています。そのいくつかの記述の中から、ルカ福音書に記された『復活の日の二人の弟子たちとイエスの物語り』について考えて見たいと思います。

 

 ルカはまず復活の朝の状況を記述し、マグダラのマリアを始めとする女性たちがイエスの葬られた墓が空になっていることに気づき、そのことを使徒たちに告げた、と言います。彼らは女性たちの報告が信じられなかったのですが、ペトロは墓まで走って行き、中には亜麻布だけしか残っていないことを見極めます。「そこでこの出来事に驚き家に帰った」と、この場面は締めくくられています。

 

 そのあと、舞台は一転し「エマオへの道」の物語りとなります。エマオはエルサレムからおよそ11キロ離れた村ですが、現在この地名は存在しません。

 

 二人の弟子がエルサレムからエマオへ向かいます。彼らは復活の日の午後に旅をしており、まだその日の出来事について興奮冷めやらぬ感じで論じ合っています。そこへイエスご自身が近づいてこられ彼らといっしょに歩き始めます。しかし「二人の目は遮られていて」イエスが一緒だとは気がつかないのです。

 イエスが「何をそんなに熱心に話しているのですか」と尋ねます。二人のうちのクレオパという名の弟子は「ナザレのイエスのことです」と答え、ほとばしるようにイエスの受難、イエスの十字架上での死、その日の朝に起こった驚きの出来事について詳しく語ります。クレオパの話を聞かれたイエスは「あなた方はメシアが苦しみを受けたあとに栄光に入るということをまだ良く解っていないのですね」と叱責ともとれる言葉に次いで「モーセと全ての預言者から始めて聖書全体にわたってご自分について書かれていることを二人に説明された」のでした。この時点で二人はまだ一緒にいた人がイエスとは気づいていません。

 

 ここでルカの記述に注目すべきことは、クレオパの話は詳しく記されているのにイエスの言葉は、2行ほどにまとめられてしまっているということです。イエスはこの時何を語られたのでしょうか。興味津々というところです。

 

 さて三人はエマオに到着します。もう夜となっていたので、さらに先へ進まれようとするイエスを二人は「こちらで一緒にお泊り下さい」と引き止めます。そして三人が夕食の席に着いた時客人は、パンを取り、賛美をささげ、それを割いて二人に渡します。その瞬間二人の「目は開かれ」客人がイエスであることに気が付くのですが、イエスの姿は見えなくなりました。二人は道中イエスが語られた時に「心は内で燃えていた」ことを思い起こし、急いで夜道をエルサレムへ取って返します。使徒たち11人が集まっている部屋についた二人はエマオへ向かう道筋でイエスに出会ったこと、イエスがパンを割いて与えて下さったことを喜びのうちに語ります。

 

 そのように皆が話し合っているところへイエスが現れ、驚き恐れる弟子たちに「自分は幽霊ではない、手も足もある」と告げられます。「何か食べ物はあるか」と仰せになったので、弟子たちが焼いた魚を一切れ差し上げると、それを食べたのでした。このようにして復活されたことを自らハッキリと示されたイエスは、弟子たちに「わたしの父が約束された聖霊をあなた方に送る。それまで都にとどまりなさい」と指示されます。ルカ福音書は、このあとイエスの昇天に関する短い記述で終わります。復活とそれにかかわるエマオへの道のシーンは、いわばルカ福音書のフイナーレというべき美しい描写と言えましょう。

 

 「エマオへの道」と「エマオでの食事」の場面は、多くの画家が取り上げる題材となり、幾多の名画が誕生しました。中でも「エマオへの道」では、スイス人画家ロベルト・ツンデマンの作品が良く知られています。広い緑の中に明らかにイエスをわかる三人の旅人を描いたこの名画は、イースター・カードなどに取り上げられていて広く親しまれています。「エマオでの食事」も有名な絵が数多く描かれていますが、ロンドンのナショナル・ギヤラリーに飾られているカラヴァッジョの作品が有名です。

 

 エマオへの道に関するルカの記述は、イエスの復活の意味を考えさせてくれます。エマオへの道中イエスは弟子たちに何を語れたのでしょう。なぜ二人は、語っているのがイエスとは気づかずとも「心は内で燃えた」のでしょう。この物語りを読んで誰もが、あの夕闇せまる田舎道をイエスと一緒に歩きたかった、イエスのみ言葉を直に聞きたかった、という思いを抱くのではないでしょうか。

 この思いは、カトリック典礼聖歌388番の4番の歌詞に次のようにあらわされています。

 

             夕暮れのエマオへの道で

             弟子たちに告げられた

             いのちのみ言葉を

             わたしにも聞かせて下さい。

 

 復活の日の午後、エマオへの道を二人の弟子たちとともに歩かれたイエスは、わたしたち各自の「人生の道」を一緒に歩いて下さいます。そして謙虚に耳を傾ければ、「心の内」を熱くするような言葉を聞かせて下さるでしょう。この日の出来事を思い浮かべ、またパウロの言葉も思い起こしながら、わたしたちはイエスの復活を実感し、それぞれの信仰が一層深まるよう祈りましょう。

 

 キリストの教会は社会に開かれた共同体です。より多くの人びとがわたしたちのカトリック藤が丘教会の扉をたたかれることを、お待ちしております。興味を持たれた方は、ぜひ日曜日のミサにいらして下さい。

               

過去の巻頭言・よき便り一覧はコチラから閲覧できます.

ミサのご案内 Mass Everyday

主日のミサ 土曜日 Sat 17:00
日曜日 Sun 9:30

平日ミサの日時につきましては教会事務所までお問い合わせ下さい。

所在地 Address 東急田園都市線「藤が丘」駅下車、徒歩約7分 横浜市青葉区柿の木台1-2

<お問合せ> 教会事務所 (045)973-4100 FAX(045)979-0506

お問い合わせ・ご質問は、教会事務所までご連絡ください

火曜日~金曜日   午前10時~午後4時

土曜日       午前10時~午後17時30分

日曜日       午前10時~午後1時

※都合により、事務所スタッフが不在の場合もございます。あらかじめご了承

                                                    

よき便り 2017年3月

2月 25th, 2017   •   no comments   

カトリック藤が丘教会へようこそ

Welcome to Fujigaoka Catholic Church!       

                                                                                                   

2017年3月カトリック藤が丘教会 

よき便り

四旬節への思い 

 カトリック教会では、今年は、3月1日が灰の水曜日」で、この日から四旬節が始まります。四旬節とは四十日間という意味でこの日のミサでは、灰の祝別が行われた後、司祭はその灰を信徒の額に付けながら「回心して福音を信じなさい」または、創世記にしるされた神の言葉「あなたはちりであり、ちりに戻って行きます」と唱えます。こうして教会は、四旬節を迎えますが古代教会からの習慣でこの期間は、イエスの受難と復活に備える節制と犠牲の期間とされてきました。

 

 40日というのは、イエスが洗者ヨハネから洗礼を受けられたあと、荒れ野に引きこもって、断食され、サタンの誘惑にさらされるなど苦行の日々にちなんでいます。「荒れ野」は、私たちの人生を象徴しているのではないでしょうか。そこでイエスがさらされた「誘惑」も私たちの信仰生活に重要な指針を暗示していると言えます。断食をして飢えを感じたイエスにサタンは、「石をパンに変えたらどうか」と迫りますがイエスは、力強くこれを退けました。「人はパンのみで生きているのではない、神の口から出るひとつひとつの言葉で生きる。」 このやりとりから、私たちは物質的恩恵だけによって生きているのではなく、心を潤す神の言葉によって生きているのだ、ということを思い知ります。

 

 キリスト教の信仰実践において、四旬節の間は、イエスの荒れ野での苦行に思いを馳せ、節制の期間とされます。日曜日を除き栄養が豊かな肉は食べない「小斎」を守り、一日一回の食事とする「大斎」を守る習慣があります。そのため「灰の水曜日」以降、復活祭まで,ご馳走は食べられない、肉も食べられない、ということになるので、その前に大いに食べて、呑もうという気持ちが、四旬節前の火曜日を頂点とする「カーニバル」というお祭りに発展しました。フランスでは、最後の火曜日をMardi gras[マルディグラ] -直訳すれば「こってりとした火曜日」-と呼んで大いに豪華なご馳走を楽しみます。そして翌日の「灰の水曜日」以降は生活スタイルが一変したのでした。今でも、フランスのニースや、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロのカーニバルは、有名ですが、現在では宗教的な意義は薄れ、むしろ季節の風物となっている感じです。

 

 現代の教会では、四旬節をかつてのような「苦行」の期間とするようなことはありません。大斎(節食)や小斎(肉なし)の決まりも緩やかになりました。昔のように「灰の水曜日」以降、生活スタイルが変わるようなこともありません。しかし、教会にとって四旬節はやはり重要な教会典礼の一環をなし信仰を呼びもどす時期に変わりはありません。イエスの荒れ野での苦行を思い、過ぎ越しの食事、受難、十字架の苦しみ、栄光の復活に思いを馳せる期間なのです。特に四旬節中には、謙遜と愛の心を持って、祈り、犠牲、慈善、償いに励みます。このようにして、イエスの苦しみを分かち合い、復活の喜びに浸るふさわしい準備をしていくのです。

 

 なお、今年は31日が「灰の水曜日」、復活祭は416日です。

 

 キリストの教会は社会に開かれた共同体です。より多くの人びとが、わたしたちのカトリック藤が丘教会の扉をたたかれることを、お待ちしております。興味を持たれた方は、ぜひ日曜日のミサにいらして下さい。

                  過去の巻頭言・よき便り一覧はコチラから閲覧できます.

ミサのご案内 Mass Everyday

主日のミサ 土曜日 Sat 17:00
日曜日 Sun 9:30

平日ミサの日時につきましては教会事務所までお問い合わせ下さい。

所在地 Address 東急田園都市線「藤が丘」駅下車、徒歩約7分 横浜市青葉区柿の木台1-2

<お問合せ> 教会事務所 (045)973-4100 FAX(045)979-0506

お問い合わせ・ご質問は、教会事務所までご連絡ください

火曜日~金曜日   午前10時~午後4時

土曜日       午前10時~午後17時30分

日曜日       午前10時~午後1時

都合により、事務所スタッフが不在の場合もございます。あらかじめご了承

 

                                                                                                   

 

よき便り 2017年2月

1月 29th, 2017   •   no comments   

カトリック藤が丘教会へようこそ

Welcome to Fujigaoka Catholic Church!       

                                                                                                    2017年2月カトリック藤が丘教会

よき便り

カトリック教会の聖人 殉教者 聖バレンタイン

(注:日本語の聖人伝、かつてのカトリックカレンダーなどでは、「聖ヴァレンテイーノ」となっていますが、ここでは「聖バレンタイン」とします。)

 

2月14日は、バレンタイン・デー、女性が男性にチョコレートを贈る日 - 年々盛んになるそのような習慣が日本に根付いたのは、1970年代と言われています。

 

バレンタインは、カトリック教会の聖人で殉教者でもあります。

バレンタインは、ローマの有力な司祭で、ローマ帝国の皇帝クラウデイウスII世の迫害により、ローマ郊外2キロのフラミニア街道のある地点で「三段階の刑」、すなわち、まずむち打ち、次いで石打ち、そして最後に斬首の刑により2月14日に殉教した、と伝えられております。(フラミニア街道はローマ帝国時代には、ローマからアペニン山脈を通ってアドリア海のリミニをつなぐ重要な街道でした。)クラウデイウスII世の治世は短く、殉教の日は2月14日でした。バレンタインについては、当時の詳しい資料や文献がほとんど残っていないですが、聖者とみなされたバレンタインへの崇敬は、350年頃からローマで始まったとされ、その歴史は1700年近くにも及びます。

 

その後、聖バレンタインは「清らかの愛で結ばれている人たち、愛し合う人たちの守護聖人」と指定され、現在に至っています。なぜそうなったか、ということについては、諸説あります。一番有力なのは、迫害時に投獄されていたキリスト教徒のカップルを皇帝の命令に逆らってでも結婚させたこと、あるいは処刑を待つ身であった若い女性キリスト教徒に、婚約者に代わって「あなたのバレンタインから」とした花束を届けたこと、という伝説です。イングランドにおいては小鳥が、つがいで飛びたつのは、この日あたりからという言い伝えがあることから、「愛し合う人たちの」の守護聖人になった、とも言われています。このことは、イギリスの14世紀の詩人、チョウサーも作品の中で触れています。

 

そのため聖バレンタインの日を「愛し合う人たち」の祝日として祝う習慣は、中世のイギリス(それもイングランド)で始まったとされています。それがアメリカに広まり、20世紀に入ってから、ヨーロッパに戻って来て更に各地に広がりました。

 

日本では、チョコレートを女性が男性に贈るという習慣になっていますが、ほとんどの国では、男性が女性にプレゼントするというのが通例です。

イギリスでは、男性が思いを寄せる女性宛に、サインをしない、あるいは聖バレンタインの花束にまつわる伝説にちなんで「あなたのバレンタインから」と書かれたカードを送る慣わしが最近まであったそうです。しかし今世紀に入ってから、E-メールやブログなどの普及でこのような慣習は、薄れつつあります。

フランスやフランスの海外領土などでは、バレンタインのグリーテイング切手が発行されています。

 

一番スタンダードな祝い方は、男性が女性に赤いバラの花束を贈るというものです。赤いバラの赤は、神への愛に燃える血潮、殉教に奉げた血潮をあらわし、全世界で慕われる「愛し合う人たちの守護聖人」殉教者聖バレンタインの祝日にふさわしい贈り物と言えましょう。

 

このように現代において世界各地で、教会の典礼外でこれほど広く慕われる聖人も多くはありません。あまりの人気に厳格なイスラム国であるサウデイ・アラビアでは、「異教の浸食」に危機感を感じ、2009年にバレンタイン・デーを祝うことを禁じる政令を発布し、違反者は厳罰に処せられることになるほどです。

 

カトリック教会においては、1969年までは、毎年2月14日には、ミサの中で聖バレンタインに対する祈りが唱えられてきました。しかし、この年に聖人の見直しが行われ、史実上存在が確実とされない聖人については、ミサ中の祈願が廃止されることになりました。現在では、聖バレンタインの遺骸を保持すると主張する教会が七つあり、さらに聖バレンタインに献堂されている教会、聖バレンタインへの信心が特に強い地方、などを除いて、2月14日に聖バレンタインに祈りを捧げることはありません。しかし世間がバレンタイン・デーをチョコレートで賑やかに祝う中、カトリック信徒は、静かに殉教者と神への愛に思いを馳せ、より多くの人たちが、清らかな愛に結ばれようとするカップルのために、聖バレンタインのお取次ぎにより幸せとなるよう祈りたいものです。

 

キリストの教会は社会に開かれた共同体です。より多くの人びとが、わたしたちのカトリック藤が丘教会の扉をたたかれることを、お待ちしております。興味を持たれた方は、ぜひ日曜日のミサにいらして下さい。

 

過去の巻頭言・よき便り一覧はコチラから閲覧できます.

ミサのご案内 Mass Everyday

主日のミサ 土曜日 Sat 17:00
日曜日 Sun 9:30

平日ミサの日時につきましては教会事務所までお問い合わせ下さい。

所在地 Address 東急田園都市線「藤が丘」駅下車、徒歩約7分 横浜市青葉区柿の木台1-2

<お問合せ> 教会事務所 (045)973-4100 FAX(045)979-0506

お問い合わせ・ご質問は、教会事務所までご連絡ください

火曜日~金曜日   午前10時~午後4時

土曜日       午前10時~午後17時30分

日曜日       午前10時~午後1時

※都合により、事務所スタッフが不在の場合もございます。あらかじめご了承

Page 5 of 17« First...«34567»10...Last »