巻頭言2021年5月

5月 3rd, 2021   •   no comments   

 

 

 

 

カトリック藤が丘教会へようこそ

Welcome to Fujigaoka Catholic Church!

 

2021年5月      

よき便り

   

気にかけてたいせつにするということ

新約聖書を開くと、たびたび「愛」という言葉が見られます。今年の復活節第6主日に読まれるヨハネによる福音書にも、イエスが弟子たちに掟として「わたしがあなたがたを愛したように、互いに愛し合いなさい。」(ヨハネによる福音書15・12)と話されています。

 

父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛してきた。わたしの愛にとどまりなさい。わたしが父の掟を守り、その愛にとどまっているように、あなたがたも、わたしの掟を守るなら、わたしの愛にとどまっていることになる。(ヨハネによる福音書15・9〜10)

 

キリスト教が「愛の宗教」と言われるのも、聖書には「愛」という言葉が書かれ、ミサの初めでも「主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりが皆さんとともに。」と司祭があいさつをするように、「愛すること」が求められているからです。しかし、この「愛」という表現は、単に相手を好きという「愛情」や一緒に過ごしていたいという「欲求」のことを示しているのではありません。

 

だからこそ、日本にキリスト教が伝えられた当時の人たちは、「愛」という言葉を使いませんでした。神さまにとってたいせつな存在であるわたしたちのことを、そして神さまからもたらされるいつくしみと恵みのことを、「デウスのごたいせつ」と表現して、デウス(Deus=神、ラテン語)が与えてくださった「たいせつなもの」として扱ってきました。神さまがわたしたちに無償でそうしてくださるのだから、わたしたちもお互いをたいせつにしなさい。これが今日の聖書で表現されている「愛」です。

 

相手をたいせつにするためには、相手のことを気にかけることがなければ実現することがありません。お互いに無関心であっては、たいせつにしあう関係は作ることができないのです。イエスが伝える掟としての「愛」は、「互いを気にかけてたいせつにするということを、必ず守りなさい」ということ。わたしたち一人ひとりに「わたしが天におられる父の掟を守って、お互いに気にかけてたいせつにしているのであるから、あなたたちも同じようにしなさい」と求めておられます。

 

わたしたち一人ひとりはいつも、神さまと共にたいせつにし合う深い交わりへと招かれています。神さまからいただいたものをただ受け取るだけでよいのでしょうか? いただいたものをお互いに共有しあい、さらにそれを伝えていくこと。これは一朝一夕に実現することは難しいことかもしれません。まずは神さまと出会い、神さまとの深い交わりのうちに、お互いを気にかけたいせつにしていくことができるよう祈り求めていきたいと思います。

 

キリストの教会は社会に開かれた共同体です。より多くの人々がわたしたちのカトリック藤が丘教会の扉をたたかれることをお待ちしております。興味を持たれた方は是非日曜日のミサにいらして下さい。

 

 

過去の巻頭言・よき便り一覧はコチラから閲覧できます.

 

ミサのご案内 Mass Schedule

主日のミサ 土曜日 Sat   17:00
日曜日 Sun 8:00、10:00、12:00

平日ミサの日時につきましては教会事務所までお問い合わせ下さい。

<アクセス> 横浜市青葉区柿の木台1-2(東急田園都市線「藤が丘」駅下車、徒歩約7分)

<お問合せ> 教会事務所 (045)973-4100 FAX(045)979-0506

 お問い合わせ・ご質問は、教会事務所までご連絡ください

火曜日~金曜日   午前10時~午後4時

土曜日       午前10時~午後17時30分

日曜日       午前10時~正午

※都合により、事務所スタッフが不在の場合もございます。あらかじめご了承ください。

巻頭言2021年4月

4月 1st, 2021   •   no comments   

 

 

 

 

カトリック藤が丘教会へようこそ

Welcome to Fujigaoka Catholic Church!

 

2021年4月      

よき便り

   

群れに入っていない羊も気にかける羊飼い

 

今年の福音書朗読はマルコによる福音書が読まれています。聖書に書かれている4つの福音書のなかでも、マルコによって書かれた福音書はもっとも短いものです。マルコによる福音書は、イエスの誕生部分は書かれていませんし、復活したことが告げられて以降、天に上げられるまでのことも短く伝えるのみです。マルコは、イエスが洗礼者ヨハネから洗礼を受けてから十字架上の死と復活まで約3年間と言われるイエスの宣教生活(公生活)を伝えたかったからなのでしょう。

 

マルコが最も伝えたかったことが、「神さまからの福音」ということでした。福音とは「良き知らせ」のことです。「神の子イエス・キリストの福音の初め。」と書き始められた福音書は、その結びの部分でも、復活したイエスが弟子たちに「全世界に行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えなさい。」(マルコによる福音書16・15)と命じてから天に上げられました。

 

イエスが公生活を送っている間は、イエスが周りに集まってくる人に直接、神さまの福音を伝えていました。イエスは天に上げられる時になって、神さまの福音を伝える役目をイエスとともに過ごした弟子たちに託しました。それ以降の弟子たちの様子は、復活節のミサの第一朗読で「使徒たちの宣教」と題して読まれる「使徒言行録」に書かれています。

 

イエスとともに過ごした弟子たちが伝えた神さまからの良き知らせは、伝えられた人たちからまた別の人へ、世代を越えて今日に伝えられてきました。福音を伝えていく人びとに神さまからの豊かな働きかけがあったことは言うまでもありません。その福音とは、神さまは、身分の違いを越え、律法を守った生活をしているかどうかも越え、健康であるか病気であるかも問わず、すべての人に手を差しのべようとしておられるという良き知らせ。神さまは、まだその存在を知らない人さえも気にかけておられるという良き知らせでもありました。

 

さて、今年の復活節第4主日に読まれるヨハネ福音書の中で、受難に向かうイエスが弟子たちに、神さまがすべての人をたいせつにし、招いておられることを話されています。

「わたしは良い羊飼いである。わたしは自分の羊を知っており、羊もわたしを知っている。それは、父がわたしを知っておられ、わたしが父を知っているのと同じである。わたしは、羊のために命を捨てる。わたしには、この囲いに入っていないほかの羊もいる。その羊をも導かねばならない。その羊もわたしの声を聞き分ける。」(ヨハネによる福音書10・14〜16)

 

どんな人も分け隔てなく気にかける神さまのいつくしみに感謝しながら、一歩一歩しっかりと歩んでいきたいと思います。

 

キリストの教会は社会に開かれた共同体です。より多くの人々がわたしたちのカトリック藤が丘教会の扉をたたかれることをお待ちしております。興味を持たれた方は是非日曜日のミサにいらして下さい。

 

 

過去の巻頭言・よき便り一覧はコチラから閲覧できます.

 

ミサのご案内 Mass Schedule

主日のミサ 土曜日 Sat   17:00
日曜日 Sun 8:00、10:00、12:00

平日ミサの日時につきましては教会事務所までお問い合わせ下さい。

<アクセス> 横浜市青葉区柿の木台1-2(東急田園都市線「藤が丘」駅下車、徒歩約7分)

<お問合せ> 教会事務所 (045)973-4100 FAX(045)979-0506

 お問い合わせ・ご質問は、教会事務所までご連絡ください

火曜日~金曜日   午前10時~午後4時

土曜日       午前10時~午後17時30分

日曜日       午前10時~正午

※都合により、事務所スタッフが不在の場合もございます。あらかじめご了承ください。

巻頭言2021年3月

3月 2nd, 2021   •   no comments   

 

 

 

 

カトリック藤が丘教会へようこそ

Welcome to Fujigaoka Catholic Church!

 

2021年3月      

よき便り

   

一粒の麦は、より多くの大切な麦を稔らせる

 

4月4日の復活祭に向けて、神さまへと立ち返る回心の期間を過ごしているわたしたちですが、今年の四旬節の後半の福音書朗読は、イエスがご受難に向けてエルサレムへと歩むなかで弟子たちに伝えたことが語られます。

 

イエスは、ご自分がこれから十字架上の死を迎える時期が訪れることを悟り、弟子たちにご自分のことを麦にたとえて話されました。

 

「一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。だが、死ねば、多くの実を結ぶ。自分の命を愛する者は、それを失うが、この世で自分の命を憎む人は、それを保って永遠の命に至る。」(ヨハネによる福音書12・24〜25)

 

イエスは、麦畑という世界の中で、その世界の一地域の麦穂の中の一粒の麦として生まれ、麦穂の人たちとともに成長して、その稔りの時期を迎えました。その稔った麦穂から麦がこぼれ落ちるのは、その麦穂の終わり「死」であることは疑いようもありません。しかし、その死は、新たな多くのいのちを生かすことになります。

 

麦粒は自分を残すのではなく、自分が消えることによって多くの稔りにつなげていきます。これが神さまのいのちへの働きのうちに起こることです。わたしたちのいのちは、ただ神さまによって「生かされている」ことに留まるのではなく、「与えるいのち」へ連なっていくことにほかなりません。

 

「わたしに仕えようとする者は、わたしに従え。わたしのいるところに、わたしに仕えるものもいることになる。わたしに仕える者がいれば、父はその人を大切にしてくださる。」(ヨハネによる福音書12・26)

 

わたしたちが、イエスの十字架上の死という「受難」と、その死から「復活」されたという過ぎ越しを復活祭で祝うのは、イエスを通して神さまの思いが弟子たちに伝えられたように、その思いはイエスの弟子たちから新たな弟子たちへと世代を越えてわたしたちへと伝えられてきたからです。

 

イエスと共に歩もうとするわたしたちに、イエスを通して神さまの思いが注がれ続けています。だからこそ、イエスとともに歩もうとする人のところに、イエスはともにおられ、イエスを通して神さまはその人を大切にされます。一人ひとりが大切な存在なのだという神さまのいつくしみに感謝しながら、新たな気持ちで歩み始めるご復活祭を準備したいと思います。

 

キリストの教会は社会に開かれた共同体です。より多くの人々がわたしたちのカトリック藤が丘教会の扉をたたかれることをお待ちしております。興味を持たれた方は是非日曜日のミサにいらして下さい。

 

過去の巻頭言・よき便り一覧はコチラから閲覧できます.

 

ミサのご案内 Mass Schedule

主日のミサ 土曜日 Sat   17:00
日曜日 Sun 8:00、10:00、12:00

平日ミサの日時につきましては教会事務所までお問い合わせ下さい。

<アクセス> 横浜市青葉区柿の木台1-2(東急田園都市線「藤が丘」駅下車、徒歩約7分)

<お問合せ> 教会事務所 (045)973-4100 FAX(045)979-0506

 お問い合わせ・ご質問は、教会事務所までご連絡ください

火曜日~金曜日   午前10時~午後4時

土曜日       午前10時~午後17時30分

日曜日       午前10時~正午

※都合により、事務所スタッフが不在の場合もございます。あらかじめご了承ください。

Page 1 of 2712345»1020...Last »