カトリック藤が丘教会へようこそ

Welcome to Fujigaoka Catholic Church!

 

2020年9月      

よき便り    

神さまからいただくもの

 

今年の主日ミサの福音書朗読は、マタイによる福音書にある出来事が読まれています。年間第25主日のミサで読まれる個所は、「ぶどう園の労働者」のたとえ(マタイによる福音書20・1〜16)として、神さまからいただく恵みについて書かれています。そのたとえ話は、次のようなものです。

 

ある家の主人が夜明けに、一日につき一デナリオンの約束でぶどう園で働く労働者を雇います。その後、9時、12時、15時、17時にも広場に立っている人がいたので、主人は「あなたたちもぶどう園に行きなさい。」と雇います。夕方になって主人は、ぶどう園に最後に雇われた人から順に一デナリオンずつ支払ったという話です。

 

同じ作業の労働力の対価として考えれば、この主人は相当おかしなことをしています。それは当時の人にとっても同じ思いであったのでしょう。主人に対し「最後に来たこの連中は、1時間しか働きませんでした。まる一日、暑い中を辛抱して働いたわたしたちと、この連中とを同じ扱いにするとは」と不平を述べています。この不平に対し主人は、「わたしはこの最後の者にも、あなたと同じように支払ってやりたいのだ」と返します。

 

当時のユダヤ社会においては、神さまとの約束として定められた律法に、どれだけ従って生きることができるかが重要なことでした。律法に忠実に従うことが神さまの意に即した生き方で、そうするからこそ神さまからの恵みを享受できるとされていたのです。だからこそ律法学者や祭司長は、律法を守る生活を第一に考えていたのでしょう。

 

「ぶどう園の労働者」のたとえでは、ぶどう園の主人は神さま、夜明けから主人と約束して働く労働者は律法学者や祭司長を、広場で声をかけてもらうまで立って待っている人は神さまからの恵みを待ち望む人たちを表しています。神さまの恵みは、律法学者や祭司長のように最初から神さまと約束して働いたことの対価として与えられるものではないのです。

 

主人は、広場で声をかけてもらうまで立って待つ人には、「あなたたちもぶどう園に行きなさい」とだけ伝え、「一デナリオンで」と対価の話をしていません。後からぶどう園に来た者であっても、律法学者や祭司長と等しい対価を支払っています。神さまが与える恵みは、職種や職位に応じて与えられるものでもありません。

 

広場で声をかけてもらうまで、一日中ただただ立って待つ人は、9時、12時、15時、17時と時間が過ぎるにつれ、「今日もまた仕事がないかもしれない」と不安を強くしたかもしれません。「誰かの役に立てることはないのか」と絶望を感じたかもしれません。それはひたすら神さまからの恵みを待ち望む人の姿に映ります。そんな人たちに神さまが与えた恵みは、不安や絶望のなかにあって、より大きな輝きを持った恵みとして感じられたのではないでしょうか。声をかけられ、ぶどう園へと歩み始めるときの喜びを思い起こしながら、わたしたちも神さまからいただく恵みを感じていきたいと思います。

 

キリストの教会は社会に開かれた共同体です。より多くの人々がわたしたちのカトリック藤が丘教会の扉をたたかれることをお待ちしております。興味を持たれた方は是非日曜日のミサにいらして下さい。

 

過去の巻頭言・よき便り一覧はコチラから閲覧できます.

 

ミサのご案内 Mass Schedule

主日のミサ 土曜日 Sat   17:00
日曜日 Sun 8:00、10:00、12:00

平日ミサの日時につきましては教会事務所までお問い合わせ下さい。

<アクセス> 横浜市青葉区柿の木台1-2(東急田園都市線「藤が丘」駅下車、徒歩約7分)

<お問合せ> 教会事務所 (045)973-4100 FAX(045)979-0506

 お問い合わせ・ご質問は、教会事務所までご連絡ください

火曜日~金曜日   午前10時~午後4時

土曜日       午前10時~午後17時30分

日曜日       午前10時~正午

※都合により、事務所スタッフが不在の場合もございます。あらかじめご了承ください。