カトリック藤が丘教会へようこそ

Welcome to Fujigaoka Catholic Church!

                                                 

            2019年7月      

よき便り    

 

──イエスが伝えた日々の祈り──

 

カトリックに限らず、クリスチャンにとって大切な祈りに「主の祈り」があります。祈りは、何冊も祈りの本が発刊されるほど数多くありますが、イエスが最初に弟子たちに教えた祈りが「主の祈り」でした。その時の様子が、年間第17主日の福音朗読で語られます。

 

イエスはある所で祈っておられた。祈りが終わると、弟子の一人がイエスに、「主よ、ヨハネが弟子たちに教えたように、わたしたちにも祈りを教えてください」と言った。

そこで、イエスは言われた。「祈る時には、こう言いなさい。

『父よ、

御名が崇められますように。

御国が来ますように。

わたしたちに必要な糧を毎日与えてください。

わたしたちの罪を赦してください、

わたしたちも自分に負い目のある人を皆赦しますから。

わたしたちを誘惑に遭わせないでください。』」

(ルカによる福音書11・1〜4)

 

このシーンは、マタイによる福音書にも書かれていますが、文言が追加されて現在の「主の祈り」の形に近くなっています。福音記者のルカが書き記したものは、「主の祈り」の原型とも言えるものです。

 

さて、何かを祈ろうとするとき、わたしたちはつい「(わたしが)こうなりますように」「(わたしのために)こうしてください」と祈ってしまいます。しかしイエスは、「わたしに必要な糧を……」「わたしの罪を赦して……」「わたしを誘惑に遭わせないで……」とは言いませんでした。わたし個人のために自分本位に好き勝手に祈るのではなく、「わたしたち」一人ひとり全員のために祈りなさいと伝えたのでした。

 

そんな祈りの姿勢を伝えたイエスでも、受難に向かう前のオリーブ山での最後の祈りにおいては、「父よ、御心なら、この杯をわたしから取りのけてください。」(ルカによる福音書22・42)と自分のために祈りました。神さまと一体であるイエスも、受難に向かう前とあっては、自分のために祈らざるを得なかったのでしょう。だからこそ、わたしたちが困難な状況に向かう時、試練のさなかにある時、自分のために祈ることは仕方のないことなのです。イエスは自分の祈りの後に次のように続け、神さまにすべてを委ねたのでした。

 

「しかし、わたしの願いではなく、御心のままに行ってください。」

主の祈りを唱えるわたしたちは、神さまにとってたいせつな存在であるからこそ、わたしたち自らすべての人のために祈ります。それは、神さまの御心に、わたしたち自身を委ねていく祈りでもあるのです。

 

キリストの教会は社会に開かれた共同体です。より多くの人々がわたしたちのカトリック藤が丘教会の扉をたたかれることをお待ちしております。興味を持たれた方は是非日曜日のミサにいらして下さい。

過去の巻頭言・よき便り一覧はコチラから閲覧できます.

 

ミサのご案内 Mass Schedule

主日のミサ 土曜日 Sat   17:00
日曜日 Sun   10:00

※5月12日から日曜のミサ開始時刻が9時半から10時へ変更になりました。

平日ミサの日時につきましては教会事務所までお問い合わせ下さい。

所在地 Address 東急田園都市線「藤が丘」駅下車、徒歩約7分 横浜市青葉区柿の木台1-2

<お問合せ> 教会事務所 (045)973-4100 FAX(045)979-0506

 お問い合わせ・ご質問は、教会事務所までご連絡ください

火曜日~金曜日   午前10時~午後4時

土曜日       午前10時~午後17時30分

日曜日       午前10時~午後1時

※都合により、事務所スタッフが不在の場合もございます。あらかじめご了承ください