カトリック藤が丘教会へようこそ

Welcome to Fujigaoka Catholic Church!

 

2020年8月      

よき便り    

必要な時に手を差し伸べる神さまを信じて歩む

 

今年8月の主日ミサでの福音書朗読は、信仰について語られています。カトリック教会においては、洗礼を受けたのちに、堅信(けんしん)と呼ばれる秘跡を受けます。それは、神さまからの息吹が聖霊としてもたらされるとともに、それによって強められ、一人の信徒として信仰のうちに歩み始めるときでもあります。

 

神さまとともに歩み続けるよう「堅く信ずる」と書きますが、なかなか難しいものです。ふと、論語の「不惑」という言葉が思い浮かびます。大人として「四十にして惑わず」と言われますが、実際のところは「四十にして惑うことばかり」という日常です。信仰の歩みも同様です。みなそれぞれに「堅く信じたい」と思いながら、どこか信じきれず、本当に神さまはともに歩んでくださるのかと不安に感じながら、それでも神さまとともに歩み続けたいと思いながら歩んでいます。

 

これは、イエスとともに歩んだ弟子たちも、そうであったようです。逆風のなか思うように進まない舟に悩まされた弟子たちのもとに、イエスが湖の上を歩いて行かれたときのことが、マタイによる福音書に次のように描かれています。

 

弟子たちは、イエスが湖上を暑いておられるのを見て、「幽霊だ」と言っておびえ、恐怖のあまり叫び声をあげた。イエスはすぐ彼らに話しかけられた。「安心しなさい。わたしだ。恐れることはない。」すると、ペトロが答えた。「主よ、あなたでしたら、わたしに命令して、水の上を歩いてそちらに行かせてください。」イエスが、「来なさい」と言われたので、ペトロは舟から降りて水の上を歩き、イエスの方へ進んだ。しかし、強い風に気がついて怖くなり、沈みかけたので、「主よ助けてください」と叫んだ。

(マタイによる福音書14・26〜30)

 

湖の上を歩くイエスの姿に、弟子たちは「幽霊だ」とおびえます。ありえないものを見てしまったと感じたのかもしれません。しかしイエスとともに過ごしてきたペトロには、それはイエスならできると信じていたのでしょう。「そちらに行かせてください」と願いました。イエスの「来なさい」という言葉を信じて湖の上を歩いて、イエスの元に向かうのですが、強い風に沈みかけたことで、我に帰って怖くなります。

 

ペトロはそんな時にあっても、イエスは自分を見捨てないと感じていたのでしょう。「助けてください」と助けを求めます。福音書には、その求めにイエスはすぐに手を伸ばして捕まえたと書かれています。

 

わたしたちは、常にさまざまなものに惑わされながら生きています。時には、波風にさらされ、雨に打たれ、道をなくしてしまうような困難な出来事に遭うかもしれません。そんな時にあっても、神さまはわたしたちの求めに応じて、必ず手を差し伸べてくださる。そう感じながら歩み続けていきましょう。

 

キリストの教会は社会に開かれた共同体です。より多くの人々がわたしたちのカトリック藤が丘教会の扉をたたかれることをお待ちしております。興味を持たれた方は是非日曜日のミサにいらして下さい。

 

過去の巻頭言・よき便り一覧はコチラから閲覧できます.

 

ミサのご案内 Mass Schedule

主日のミサ 土曜日 Sat   17:00
日曜日 Sun 8:00、10:00、12:00

平日ミサの日時につきましては教会事務所までお問い合わせ下さい。

<アクセス> 横浜市青葉区柿の木台1-2(東急田園都市線「藤が丘」駅下車、徒歩約7分)

<お問合せ> 教会事務所 (045)973-4100 FAX(045)979-0506

 お問い合わせ・ご質問は、教会事務所までご連絡ください

火曜日~金曜日   午前10時~午後4時

土曜日       午前10時~午後17時30分

日曜日       午前10時~正午

※都合により、事務所スタッフが不在の場合もございます。あらかじめご了承ください。