カトリック藤が丘教会へようこそ

Welcome to Fujigaoka Catholic Church!       

                                                                                                    2016年12月カトリック藤が丘教会

よき便り

聖歌から学ぶクリスマス(ご降誕)の意義

2年前の当教会における待降節黙想会の講話で講師をされたある神父様が「日本のクリスマスは好きでない。なぜなら、それは、となかいの引くそりであり、サンタクロースであり、プレゼントであり、どこにもイエス様が出てこないからです。」ということを話されました。このお話のように日本の(おそらく欧米の他の国々でも)クリスマスは、明るく楽しいお祭りの様相を呈していて、極めて世俗的、商業的になってしまったと感じられる方々は多いことと思います。このお祭りの中心にあるべきイエス様の姿が見えないのは、残念なことです。そこで、今回の「よき便り」では、クリスマス(ご降誕)の意義について考えてみたいと思います。

12月25日は、クリスマス(ご降誕)の祝日です。キリスト教会においては 宗派を問わずこの日救い主、イエス・キリストの誕生をお祝いします。(注:ロシア正教会、エチオピアのコプト教会など一部の教会では、降誕祭は1月7日となっているところもあります。)新たないのちの「誕生」は、どこの国においても、またどの家庭においてもめでたいことですので、この日は、先ずは、お祝いの日です。私たちキリスト信者においては、この日に誕生されたのが救い主であるので特に意義深く、重要なのです。

クリスマスの意義は、多くのクリスマス聖歌(讃美歌)から汲み取ることが出来ます。そこには、福音書に記述されたイエスの誕生の情景 - 降誕の夜の静けさ、星の輝き、天使のお告げ、羊飼いたちの喜び、 まぶねに眠る幼子イエスを見守るマリアの暖かい眼差し - が美しく描かれています。 このように数あるクリスマス聖歌の中でも、フランスのクリスマス聖歌、Cantique de Noel 「ミヌイ・クレテイエン」の歌詞は、他の歌詞と違って、救い主の誕生の意義、人々の喜びと感謝が明白かつ端的に記されていて、この歌詞の言わんとするところを理解することにより、ご降誕の意義が力強く、感動と臨場感を以て迫ってきます。

この聖歌は、日本では「さやかに星はきらめき」という題でプロテスタントの讃美歌集に加えられていますが、一般的には英語の自由訳「オー・ホーリーナイト」のほうが良く知られ、親しまれている感じです。英語の歌詞でも朗々と歌われるとき、それなりに感動が湧きますが、どうしても原語にはかないません。そのフランス語の歌詞を以下に訳してみます。日本語版や英語版には出てこない表現がいくつかあります。

1.
クリスチャンたちよ、
聖なる夜中、それは神の子が
原罪を拭い去り、神の怒りを鎮めるために来られる
厳かな時である。
世界は、救い主が来られるこの夜
希望に震えている。
(繰り返し)
人々よ、ひざまずけ、救いの時を待て
降誕の夜!降誕の夜!ここに救い主来られたり。

2.
救い主はすべての足かせを打ち砕かれた。
地には自由がもたらされ、天は開かれた。
救い主は、今まで奴隷に過ぎなかった者を
兄弟として接して下さる!
愛は、鉄の鎖で繋がれていた者を結ぶ。
救い主に誰が私たちの感謝を伝えるのか
救い主は、私たち全てのために生まれ、苦しみ、死なれた。
(繰り返し)
人々よ、立て!あなたたちの救いを賛美して歌え
降誕の夜!降誕の夜!救い主を称えて歌おう。

1番では、罪の許しをもたらす救い主が来られるのを待ちわびる人々の 期待と希望が歌われます。出だしの「クリスチャンたちよ、聖なる真夜中」に相当する原詩がミヌイ・クレテインMinuit, Chretiensですので、これが歌の題名のようになって親しまれています。

2番では、ついに来られた救い主が、人類に罪からの解放と自由をもたらされたことに対する、人びとの堰を切ったような、感謝と賛美の声を挙げる様が高らかに歌われます。「人々よ立て」のところには、聴きながら思わず姿勢を正さなければならないような荘重さが満ちています。

歌の出だしが「クリスチャンたちよ」となっているので、呼びかけられる先が 限定されているようにも受け止められますが、続く歌詞の中に「私たち」「あなた方」「人々よ」などの呼びかけがあり、また2番には、「私たち全てのために生まれ…….」などとなっているので、この聖歌は、全人類に宛てたものと解釈出来るでしょう。

英訳のOh Holy Nightには、“stars are brightly shining”(星は、明るく輝き)、 また日本語は「さやかに星はきらめき」で、いずれも星の輝きが歌われますが、 原語にはそのような描写はありません。それでも原詩には、罪から解放して下さる救い主の到来に対する人々の期待と喜び、神への感謝と賛美が力強く歌われていて、作曲以来170年近く経った今でも、ご降誕に思いをはせるには、ふさわしい聖歌としてカトリック教会のみならず、世界各国のキリスト教他宗派の教会でも降誕祭に合わせて広く歌われています。

この聖歌は歌唱の技巧が必要とされるため、なかなか皆でそろって歌うことは難しいようです。しかし日本でも欧米でも、多くの教会で、降誕祭のごミサの冒頭やご聖体拝領時にソロで歌われます。日本のカトリック教会では1954年12月24日、 横浜山手の聖堂における深夜ミサ(当時深夜ミサは、文字通り真夜中に始まりました)においてテノールのソロで英語で歌われたのが、戦後では初めて だった、と言われております。

この聖歌は、フランスで1847年に作曲されました。作曲家は、バレエ音楽 「ジゼル」などで知られるアダン(1803 – 1856)という人です。作詞は、 南フランスのワイン商人だったプラシド・カポー(1808 – 1877) のものです。 作曲者アダンの妻の友人だった歌手エミリー・ロウリーが村の教会で夜中の ミサで初めて歌いました。(1847年12月24日)以来この歌はフランスでは、ご降誕と同義語となるくらい親しまれ、のちに世界各地へと広まって行き ました。

この聖歌の歌詞を読み返し、その意味を理解することによって、サンタや となかいの風物詩だけではなく、クリスマスの中心にあられるのがイエスであるという、ご降誕の意義が感動とともに厳粛に迫ってくるのではないでしょうか。

関連事項:
日本語版の「さやかに星はきらめき」の訳詞は、由木康によるもので、彼は 非常に有名なクリスマス讃美歌「きよしこの夜」の訳詞や、パスカルの「パンセ」の日本語訳者として知られています。なお「きよしこの夜」の原詩はドイツ語の”Stille Nacht, Heilinge Nacht”,日本でも良く知られている英訳は”Silent Night, Holly Night”ですが、日本のカトリック教会では、この讃美歌は別訳の カトリック聖歌111番、「静けき真夜中」の歌詞で歌わています。

キリストの教会は社会に開かれた共同体です。より多くの人々が、わたしたちのカトリック藤が丘教会の扉を叩かれることをお待ちしております。
興味をお持ちの方は、ぜひ日曜日のミサを覗きにいらして下さい。

過去の巻頭言・よき便り一覧はコチラから閲覧できます.

ミサのご案内 Mass Everyday

主日のミサ 土曜日 Sat 17:00
日曜日 Sun 9:30

平日ミサの日時につきましては教会事務所までお問い合わせ下さい。

所在地 Address 東急田園都市線「藤が丘」駅下車、徒歩約7分 横浜市青葉区柿の木台1-2

<お問合せ> 教会事務所 (045)973-4100 FAX(045)979-0506

お問い合わせ・ご質問は、教会事務所までご連絡ください

火曜日~金曜日   午前10時~午後4時

土曜日       午前10時~午後17時30分

日曜日       午前10時~午後1時

※都合により、事務所スタッフが不在の場合もございます。あらかじめご了承