カトリック藤が丘教会へようこそ

Welcome to Fujigaoka Catholic Church!          

                            2018年1月カトリック藤が丘教会      

よき便り

主の呼びかけに気づき共に歩む

 

新たな年を迎えました。今年も神さまからの豊かな恵みが与えられますように。

 

ご降誕の季節が終わると、典礼暦はしばらくの間「年間」の期間に入ります。年間第2主日に、印象的な個所が読み上げられます。

 

まず、第1朗読では、神の箱が安置された主の神殿に寝ていた少年サムエルに、三度、主が呼びかけられた場面が描かれています。

 

サムエルにとって、生まれて初めての主の呼びかけでしたが、それに気づかず、祭司エリから呼ばれたと思い、神殿から起き出して「お呼びになったので参りました」と話します。エリもまた、主を知らないサムエルに主が呼びかけられたとは気づかず、「戻っておやすみ」と寝かしつけようとします。しかし、同じことが三度続いたことで、エリは主が呼びかけられたと悟り、サムエルに大切なことを伝えたのでした。

 

「もしまた呼びかけられたら、『主よ、お話しください。僕(しもべ)は聞いております』と言いなさい」(サムエル記3・9)

 

主は再度呼びかけられ、サムエルはエリに教えられた通りに答えます。主はサムエルと共におられるようになり、サムエルは主の言葉を伝える預言者として成長していきました。このように、第1朗読では、主が直接呼びかけられました。しかし、福音朗読では預言者ヨハネの言葉によって、2人の弟子が主イエスと出会います。

 

ヨハネはイエスが歩いておられるのを見て二人の弟子に「見よ、神の子羊だ」と伝えます。二人の弟子はそれを聞いて、イエスに従った(ヨハネによる福音書1・37)とあります。

 

どこに泊まっておられるかをたずねる彼らに、イエスは「来なさい。そうすれば分かる」と答えます。そして、その日、彼らはイエスのもとに泊まりましたが、そこでイエスが何を話されたのか、それとも何も話さなかったのか、それについて聖書は伝えていません。しかし、彼らの一人アンデレは、のちに兄弟シモン・ペトロに会って「わたしたちはメシアに出会った」と伝え、ペトロをイエスに引き合わせることを担っていきます。

 

この2つの出来事は、たとえ主を知らない人であっても、その時が来れば、主は誰かを通してきっと呼びかけてくださるということを表しているのではないでしょうか。たとえその時に呼びかけに気づかなくても、きっと何度も何度も繰り返し呼びかけ続けてくださいます。神さまのいつくしみに感謝しながら、呼びかけられていると伝えられた時に、主と共に歩み始めることができますよう祈り続けていきたいと思います。

 

キリストの教会は社会に開かれた共同体です。より多くの人々がわたしたちのカトリック藤が丘教会の扉をたたかれることをお待ちしております。興味を持たれた方は是非日曜日のミサにいらして下さい。

                                                                          過去の巻頭言・よき便り一覧はコチラから閲覧できます.

ミサのご案内 Mass Everyday

主日のミサ 土曜日 Sat 17:00
日曜日 Sun 9:30

平日ミサの日時につきましては教会事務所までお問い合わせ下さい。

所在地 Address 東急田園都市線「藤が丘」駅下車、徒歩約7分 横浜市青葉区柿の木台1-2

<お問合せ> 教会事務所 (045)973-4100 FAX(045)979-0506

お問い合わせ・ご質問は、教会事務所までご連絡ください

火曜日~金曜日   午前10時~午後4時

土曜日       午前10時~午後17時30分

日曜日       午前10時~午後1時

※都合により、事務所スタッフが不在の場合もございます。あらかじめご了承ください