巻頭言2021年5月

掲載日 2021年5月3日 月曜日   •   no comments   

 

 

 

 

カトリック藤が丘教会へようこそ

Welcome to Fujigaoka Catholic Church!

 

2021年5月      

よき便り

   

気にかけてたいせつにするということ

新約聖書を開くと、たびたび「愛」という言葉が見られます。今年の復活節第6主日に読まれるヨハネによる福音書にも、イエスが弟子たちに掟として「わたしがあなたがたを愛したように、互いに愛し合いなさい。」(ヨハネによる福音書15・12)と話されています。

 

父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛してきた。わたしの愛にとどまりなさい。わたしが父の掟を守り、その愛にとどまっているように、あなたがたも、わたしの掟を守るなら、わたしの愛にとどまっていることになる。(ヨハネによる福音書15・9〜10)

 

キリスト教が「愛の宗教」と言われるのも、聖書には「愛」という言葉が書かれ、ミサの初めでも「主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりが皆さんとともに。」と司祭があいさつをするように、「愛すること」が求められているからです。しかし、この「愛」という表現は、単に相手を好きという「愛情」や一緒に過ごしていたいという「欲求」のことを示しているのではありません。

 

だからこそ、日本にキリスト教が伝えられた当時の人たちは、「愛」という言葉を使いませんでした。神さまにとってたいせつな存在であるわたしたちのことを、そして神さまからもたらされるいつくしみと恵みのことを、「デウスのごたいせつ」と表現して、デウス(Deus=神、ラテン語)が与えてくださった「たいせつなもの」として扱ってきました。神さまがわたしたちに無償でそうしてくださるのだから、わたしたちもお互いをたいせつにしなさい。これが今日の聖書で表現されている「愛」です。

 

相手をたいせつにするためには、相手のことを気にかけることがなければ実現することがありません。お互いに無関心であっては、たいせつにしあう関係は作ることができないのです。イエスが伝える掟としての「愛」は、「互いを気にかけてたいせつにするということを、必ず守りなさい」ということ。わたしたち一人ひとりに「わたしが天におられる父の掟を守って、お互いに気にかけてたいせつにしているのであるから、あなたたちも同じようにしなさい」と求めておられます。

 

わたしたち一人ひとりはいつも、神さまと共にたいせつにし合う深い交わりへと招かれています。神さまからいただいたものをただ受け取るだけでよいのでしょうか? いただいたものをお互いに共有しあい、さらにそれを伝えていくこと。これは一朝一夕に実現することは難しいことかもしれません。まずは神さまと出会い、神さまとの深い交わりのうちに、お互いを気にかけたいせつにしていくことができるよう祈り求めていきたいと思います。

 

キリストの教会は社会に開かれた共同体です。より多くの人々がわたしたちのカトリック藤が丘教会の扉をたたかれることをお待ちしております。興味を持たれた方は是非日曜日のミサにいらして下さい。

 

 

過去の巻頭言・よき便り一覧はコチラから閲覧できます.

 

ミサのご案内 Mass Schedule

主日のミサ 土曜日 Sat   17:00
日曜日 Sun 8:00、10:00、12:00

平日ミサの日時につきましては教会事務所までお問い合わせ下さい。

<アクセス> 横浜市青葉区柿の木台1-2(東急田園都市線「藤が丘」駅下車、徒歩約7分)

<お問合せ> 教会事務所 (045)973-4100 FAX(045)979-0506

 お問い合わせ・ご質問は、教会事務所までご連絡ください

火曜日~金曜日   午前10時~午後4時

土曜日       午前10時~午後17時30分

日曜日       午前10時~正午

※都合により、事務所スタッフが不在の場合もございます。あらかじめご了承ください。